2020年06月10日

アジサイと夏野菜

この数日、大阪は30度越えで初夏というより夏の気配。今日は大阪も梅雨入りの予報が出ています。。梅雨空に似合うのがアジサイ、我が家の庭でも咲き始めました。

去年買った「万華鏡」はブルーのラインが涼し気。山アジサイ「海峡」も爽やか色で負けていない。

万華鏡.JPG
海峡.jpg

アジサイの仲間のノリウツギ「ボブシェル」は小ぶりで繊細な純白の多花性種。下は、もはや古典的な名花「墨田の花火」。

ノリウツギ ボブシェル  (1).jpg
墨田の花火 (2).jpg

「コンペイトウ」は花形と配色がシャープ。ブルーと白が続いたので、次は西洋アジサイの「ピンクアナベル」

コンペイトウ.jpg
ピンクアナベル.jpg

予想外にキレイな花が咲いたのは、入笠山のゴンドラ乗り場から一枝失敬して挿し木した山アジサイ。品種名は不明やけど丈夫で生育が早く、多花性に加え花期が長い優等生。咲き始めはピンクで徐々に水色に変化する過程のグラデーションが華やかで何とも言えない。

入笠山.jpg

今年の新入り3種。上の右は七色に変化する「プリンセスシャーロット」と不思議な色合いの「シースプレー」。やはり白に惹かれて衝動買いの「ダブルダッチ」。どうしてもブルーと白系に手が出てしまう。

プリンセスシャーロット -シースプレー.jpg
ダブルダッチ (2).jpg

特に手入れはしてないのに、クジャクサボテンが20個も蕾を付けた。大輪のクレマチスも花盛り。

クジャクサボテン.jpg

3年目にしてイチジクが小さい実をたくさん付けた。ひと月もすれば収穫できるやろか。

イチジク (1).jpg

ベランダはプランターの野菜畑。キューリ・プチトマトとサラダ菜のチマサンチュ、暴れん坊陸ガメの好物ばっかりです。

キューリ.jpg
プチトマト.jpg
IMG_9659.jpg

体長40p程になり岩石のごとく重たい上、腕力と好奇心が強く猪突猛進前・前進あるのみ、目の前にある物を蹴散らかす。これまでアジサイの鉢を何個も壊した困り者。

IMG_9677.JPG

yosi

posted by yosi&ゴン at 11:32| Comment(4) | 日記

2020年04月24日

中崎町界隈散歩

古民家や長屋を改造したお洒落な店が点在し、レトロな雰囲気が若者に人気の北区中崎町。最寄り駅は地下鉄谷町線で梅田からひと駅の中崎町駅、環状線天満駅や梅田から徒歩15分程の立地条件もいい。
扇町の北野病院の診察がいつもより早めに終わったので散歩してみました。青線で囲んだ部分が、その一角。

マップ2.jpg

大阪の中心に近い下町に、こんな路地裏が迷路のように交錯している。

路地裏 (2).jpg
路地裏 (3).jpg

中崎町のシンボルとして、テレビでよく紹介される元印刷工場は築90年という大きな木造建築。入口の「天劇キネマトロン」の看板が気になる。検索すると自主映画専門の超ミニシアターとか。

天劇.jpg
天劇シネマトロン (1).jpg

印刷工場と同時期に建てられたのか、元呉服屋を思わせる重厚な構えは美容室。

美容室2.jpg

いかにも店主DIYのカフェと、ギィーと軋み音がしそうなボロい扉のレストラン。意外とフランス料理が出たりして。

カフェ (1).jpg
木の扉.jpg

古着の店は色使いや展示方法に若い感性が溢れてる。

ファッション (1).jpg
ファッション (2).jpg

なにやら奇妙なペインティングの雑貨店、何を売ってるんやろか。対照的にシンプル・イズ・ベストのモノトーンはカットハウス。どの店も2階は居住用で20~30代の店主が一人で切り盛りしてる様子。

雑貨屋.jpg
カットハウス.jpg

暖簾を掛けた和食の店もある。「居酒屋兆治」ならぬ粋なネーミングの「居酒屋かわせみ」。カフェやレストランは、オヤジには敷居が高いけど、ここなら入れそう。

和食店.jpg
居酒屋かわせみ (1).jpg

昭和の風情漂う、下駄履きアパート吉美苑。多分、共同トイレで風呂は銭湯へ。

吉美苑.jpg

一段と狭い路地の奥は、白蛇が地域の守り神の白龍大神。手作りの案内板が中崎町らしい。

白龍大神 (2).jpg
白龍大神 (1).jpg

平日で午後3時頃の中途半端な時間帯とコロナウイルス自粛のせいか人出は殆どなく、ガラス窓越しの店内はどこにも客の姿が無い。これ以上緊急事態宣言が続くと自営業者にとって死活問題、困窮が偲ばれる。
今回は時間が無く外から見るだけで、どこの店にも入らなかったが、次回は気になる店をあれこれ覗いてみよう。
posted by yosi&ゴン at 14:07| Comment(4) | 日記

2020年02月25日

里山ハイキング

このところ巷では新型コロナウィルスの話題で花盛り、幸い静岡ではまだ感染者が出ていませんが人込みには余り出たくありません。元々出不精だから・・・
ということでそれなら自然の空気の良いところへというわけで、近くの一本松公園・梶原山へハイキング。
先月登った時、今年の目標で月一回は登ろうと心に誓ったのでした。・・・いつまで続くかは保証外。

上り口にあるお寺さんの庭にある石の観音様やらなにやら・・・かっての村人が奉納したものでしょうか?
Z6A_0328.jpg
Z6A_0338.jpg

山頂からはやや薄曇りながら奇麗な富士山が、梅の花やら水仙もこの地区の人がこの山を守ってきれいにしています。眼下に清水港や伊豆半島などを眺めながら食べるお握りも美味しい!!
Z50_0183.jpg
Z50_0185.jpg
Z50_0192.jpg
Z50_0196.jpg
 
山頂の梅は満開にはもう少しといったところかな。ここは山頂の枝垂れ桜も素晴らしく、背景の富士山と相まってかっこうの撮影ポイント!!

中腹にある霊山寺の山門は国の重要文化財、両脇の阿吽像がにらみを利かせてます。
Z50_0125.jpg
Z6A_0125.gif
Z50_0130.jpg

やはり地区の人がミカンやらヒマワリの種などを置いているのでメジロやヤマガラ・シジュウカラなどがすぐ目の前までやってきます。
Z50_0167.jpg
Z50_0204.jpg

家に帰る途中振り返ると、中腹の霊山寺が木立の中にくっきりと・・・
Z6A_0364.jpg

せめて週一回のペースで登れば健康にもいいのだろうけれど、一人だとつい怠けがちになる。
posted by yosi&ゴン at 14:29| Comment(2) | 日記