2019年03月01日

♬ 桜〜サクラ〜

早いもので、今日から3月。陽射しが柔らかくなっていよいよ春到来。そこで待ち遠しいのが桜の開花、薄紅のサクラを目にすると気分がウキウキします。桜と言えばソメイヨシノ、日本に植えられている桜の8割がソメイヨシノやそうです。日本人が最も好きな花なのに、意外と知らないソメイヨシノの歴史について勉強してみました。

ネットで検索すると「オオシマザクラ(大島桜)とエドヒガン(江戸彼岸)の交配種で、明治初年に東京・染井(現在の豊島区巣鴨付近)の植木屋から売り出され、初めは奈良の桜の名所・吉野山にあやかって吉野桜と呼んでいたが、吉野山のヤマザクラと混同されやすいので、ソメイヨシノ(染井吉野)と改名された。以来、各地の城跡・公園・学校・道路沿いなどの公共施設に植えられ一気に日本中に広まったもので、誕生から150年足らずと思いのほか歴史(諸説あるが)は浅い。

ここで、ソメイヨシノと親木であるオオシマサクラ・エドヒガンの違いを確かめてみましょう。
まず、ソメイヨシノは成長が早く、幼木の内から花を咲かせる。大輪のピンクの花色が繊細で、木を埋め尽くす花数の多さが誰にも愛される所以。エドヒガンの遺伝子をより濃く受け継いでいます。最大の弱点は病気に弱く、平均寿命は60年程度で、成長が早い分、老化のスピードが自生種に比べ圧倒的に速いこと。

染井.jpg
somei.jpg
khz.jpg

オオシマザクラは日本の固有種で、ヤマザクラと同じように葉と同時に大型で数個の5弁の淡い芳香を持つ白い花を付け、樹高15mに達する大型種。幹が固く丈夫なので木炭や建材・家具に使われる他、皮の部分は茶筒など樺細工工芸品に使われています。名の由来は自生する伊豆大島から。

オオシマサクラ.jpg
オオシマサクラ1.jpg
箱根園オオシマサクラ.jpg

ソメイヨシノが強く遺伝子を受け継いでるのはエドヒガン。本州・四国・九州と広範囲に古くから自生し、見栄え良い5弁の薄紅の花をソメイヨシノより少し早く開花させる。名の由来は江戸で彼岸の頃に開花させるところから来ている。
エドヒガンの特徴は何と言っても寿命の長さ。樹齢2000年を超える山高神代桜を始め、日本3大桜の根尾谷淡墨桜、三春滝桜など名桜と呼ばれる各地の桜の古木は殆どヒガンザクラやそうです。真ん中の画像が超古木の山梨県北杜市実相寺の山高神代桜。

エドヒガンmig.jpgエドヒガン.jpgえどひがん.jpg

寿命が短く病気に弱いソメイヨシノにとって代わろうとしているのが、アメリカに贈ったソメイヨシノの交雑種を東京都立神代植物公園が改良し新品種として登録したジンダイアケボノ。母親がソメイヨシノであるためエドヒガン系の特徴を引き継ぎ病気に強く寿命が長い。ソメイヨシノに比べ、やや小ぶりながらピンク色が濃いグラデーションの鮮やかな花を咲かせる。50〜60年前に大量に植えられたソメイヨシノが寿命を迎え、代替木としてジンダイアケボノが徐々に領域を広げているそうです。

ジンダイアケボノ.jpg
アケボノ.jpg

日本にはヤマザクラなどの自生種100に、改良種200を加え300種もの桜があるそうです。この4種以外にも予備知識を持って桜を眺めると、また違った花見を楽しめるかも知れません。
今年はどこへ出かけようか、今から楽しみです。
posted by yosi&ゴン at 21:44| Comment(4) | 日記

2019年02月23日

東京湾アクアラインから南房総ドライブ

大阪駅から夜行バスに乗って朝7時に静岡駅のバスターミナルに到着、ゴンさんの車に同乗し、イートインのベーカリーで軽く朝食を摂って出発。

無知ながら初めて訪れる東京湾アクアラインは全て海上道路と思ってたけど、全長約14`の内、神奈川県側から海ほたるパーキングエリア迄の2/3に当る9.5`は海面下60mの地下トンネル。

z.png
ma.png

開通して20年が経過しているので、人工島の海ほたるPAもそれなりに古びてる。

as.png

5階建ての建物の商業ゾーンには、よくある土産物店・カフェテリアなどが立ち並んでいる。

kx.png
oa.png
oku.png

展望エリアは客船に乗ってる気分、曇り空で霞んでるのが残念やけど、彼方にスカイツリーが見えます。

hyi.pnghd.png
mnb.png

千葉県木更津市側は4.4`の海上道路、見晴らしはいいが神奈川側と打って変わって高層ビルが全く無い田舎の風景。

zb.png
kg.png

木更津から館山まで足を伸ばしました。因みに静岡から館山まで、休憩を含んで約4時間半はそこそこ距離がある。フラワーロードは、棕梠の街路樹と菜の花で彩られ、ルピナスやポピーも満開。温暖で一足早く春が来る花の南房総でした。

ksd.png
kz.png
,m.png

yosi
posted by yosi&ゴン at 12:35| Comment(2) | 日記

2019年01月06日

入笠山・冬

2019.01.03-04
地元の山仲間と長野(山梨の県境に近い)の入笠山(1955m)に正月早々登ってきました(一泊二日)。
快晴無風(頂上はやや風あり)の絶好のコンディションに恵まれ、冬山といっても初心者でも行けるとても楽しい楽ちん登山でした。
まず第一にかなり高いところまでスキー場のロープウェイで行かれる。ロープウェイ山頂駅から20分で今夜の宿(マナスル山荘)、ここは山頂まで30〜40分のところある。

冬用タイヤを持っていないため安全を期してJRで最寄りの中央線富士見駅まで行き(青春18切符を使って)、バスがないのでタクシーでスキー場へ。

ロープウェイであっという間に標高1050から1780mの山頂駅に到着。
IMG_20190104_114749.jpg


初夏から夏にかけて珍しい高山植物が咲き乱れる入笠湿原を通って、今夜の宿泊地マナスル山荘本館へ。
IMG_20190103_140827.jpg
夏はこんな感じ
IMGP3510.jpg

マナスル山荘本館
DSC01362.jpg

ここの夕食・朝食は山小屋とは思えないほど素晴らしい。今夜はローストビーフがメインでサラダ・煮物・スープ・野沢菜・揚げ物など腹いっぱい。ローストビーフは地元で作っているらしくとても美味しかった・・・お代わり自由。朝は自家製パン、御飯、みそ汁、各種飲み物(牛乳、ジュース、コーヒー、紅茶など)に目玉焼きとベーコン、サラダ果物などなど、食べきれません。夕飯時には飲ん平にはうれしい2000円で飲み放題(日本酒、ワイン、ビール、ウィスキー・・16〜20時)あり。
残念ながら写真を撮り忘れた。

山荘からの八ヶ岳DSC01363.jpg


翌日登山開始、朝8時の気温マイナス7度とは思えない暖かさであった。アイゼンを装着した登山靴では雪の道も滑ることなく快適、樹林帯の中を通る登山道は風もなく穏やか。
DSC01366.jpg

40分ほどで山頂に到着、頂上は風があるためか積雪はほとんどなし、快晴無風の素晴らしいパノラマだった。
DSC01368.jpg

ここからは南北中央アルプス、御岳、乗鞍、
八ヶ岳、秩父連峰、富士山など日本の高峰のほとんどを見ることができる。
DSC01372.jpg
DSC01373.jpg
DSC01378.jpg
DSC01381.jpg

帰りはまたロープウェイで、横で滑るスキーヤーやスノーボーダーを横目で見ながらロープウェイで標高差730mを一気に降りる・・・楽ちん楽ちん!!
IMG_20190104_113917.jpg

下山後の汗を流しに、JRで4駅ほど松本寄りの上諏訪温泉に寄った。国の重要文化財に指定されている、昭和ロマンたっぷりの片倉館という日帰り温泉は正月の客でいっぱい。ここは昔の絹の生産で財を成した片倉財閥が地元の人たちのために建てた温泉で、通称千人風呂といわれるがそんなには入らない。木材ではなく石材を使って装飾なども古めかしく情緒ある建物である。皆さんも機会があったら一度入られたらいかがですか。諏訪湖畔にあり中央本線上諏訪駅からも歩いて5分の近さです。
img_0.jpg
yjimage2.jpg


甲府で買った駅弁を車中でのんびり食って帰りました。
IMG_20190104_182826.jpg
posted by yosi&ゴン at 20:59| Comment(4) | 日記