2018年01月09日

冬の上高地

高校時代の友人が一度冬の上高地に行ってみたいというので案内した。
前日上高地近くの中の湯温泉に宿泊し、翌日上高地散策へ。もう一泊して翌々日のんびりとしての二泊三日の旅でした。

交通手段はこの時期に発売される「青春18切符」。金券ショップで4回分残っている物が10,200円でした。静岡から松本までの普通乗車券が4,000円だから一回分で約1,500円お得!!
JR松本駅からは旅館の送迎バスがあるので、松本ーー上高地入り口間のバス代片道2,200円が助かる。
IMG_20180105_194000_R.jpg

ついたその日は旅館のおいしい夕食と源泉かけ流しの風呂で英気を養い、翌日8時に上高地入り口まで車で送ってもらう。
IMG_20180105_103634_R.jpg

8:20いざ出発。このトンネルが2ケ所で約2km、中はかなりの急坂ですが天井灯が適当な感覚で点いていて路面も乾いているので危険は無し。・・・閉山のあと11/16から翌年開山の4/25まで関係車両以外通れません。
P1000651.jpg

トンネルを抜けると一面の雪ですが、工事用の車が入るためブルドーザーで除雪されており、また年末年始で入山した人たちが踏み固めてあるので歩きやすい。
トンネル出口から20分ほどで大正池。薄く氷が張っていますが全面結氷とは至らず、またここからの穂高連峰の眺めを楽しみにしてきたのだが、残念ながら山はうっすらと雲の中。その代わり北アルプス唯一の活火山でる焼岳がくっきりはっきり・・頂上にはかすかに噴煙も上がっているのが見えました。
IMG_20180104_091047.jpg
P1000656_R.JPG
大正池中間のホテルわきから遊歩道へ入り河童橋へ、こちらも多くの人が歩いて固めたあるので歩きやすい。
P1000665.jpg
IMG_20180104_101531_R.jpg
P1000669_R.JPG

雪がちょっぴり深くなり登山靴が潜るようになったので、旅館から借りたスノーシューを取り付ける。歩くのが楽になった。
P1000676_R.JPG

樹林を抜け梓川右岸へ渡り川沿いに河童橋へ、シーズン中の大混雑が嘘のように静かで人の少ない河童橋と上高地。当日出会った人間はたった20名ちょっと。
IMG_20180104_112107_1.jpg

河童橋を回りバスターミナルへ行きここで昼食、11:34着。
旅館で作ってもらったおにぎり弁当とポットの熱いお茶で昼食。寒い体を温めようとカップヌードル用の熱湯もポットの入れてきたが、肝心のカップ麺を部屋に忘れた。・・・だいぶ良さんのボケが伝染してきたようだ(涙)。
IMG_20180104_113912_R.jpg

帰りは夏道の自動車道を通って戻ったがこちらもブルで除雪されており、苦も無く歩ける。

夜は食堂越しに旅館駐車場の樹のライトアップが美しい。初日とは違ったメニューのおいしい夕食と風呂で疲れを取り、疲れからか早めに就寝となった。
IMG_20180104_184035_R.jpg

翌朝起きてみると前日は雲の中だった穂高連峰が部屋から見えるではないか!一日ずらせばよかったなあと思ってもしょうがない。ここから見られただけでも満足。屋根のつららが馬鹿でかい!
IMG_20180105_065918.gif
P1000716_R.JPG

松本駅までの送りのバスの時間まで間があるので、中の湯自慢の秘湯「卜伝の湯」へ、ここは戦国時代の武将塚原卜伝が傷をいやした温泉だそうである。洞窟の中から染み出る源泉は元は鉄分を多く含む茶色をしていたが地震の後枯れてきて湯量が少なくなってきたので、現在は別の源泉から引っ張て来ているとのこと。
昔と今の卜伝の湯。
P1000705_R.JPG
lIiS7fJxwzB_rR6dbHsNBXqZPyJw6HMVZcGK3nRpUVPH94i5I9MKbNujvKRV_9DO0oXGRe6g1l8-.jpgIMG_20180105_101750_R.jpg

この付近の梓川の河原からはあちこち湯気が上がっており、温泉成分が流れ込んでいるのか川床が茶色に変色している。
IMG_20180105_103610_R.jpg

またのんびりとオール普通列車の旅で(3回乗り継ぎ)静岡へ、途中富士駅で東海道線に乗り換えの時酔っ払いかなんか男性がホームから線路に転落し・・・ホームに横たわったまま動かなかったが、救急車が来て救急隊員が線路からホームへ上げ、意識は戻ったのか?”今日は何月何日ですか”などとその男性に質問していた。・・・そんなかんなで20分ほど遅れたが21時ころ無事自宅へ到着。

快晴とはいかなかったが風もなく薄曇りの上高地散策を十分楽しめた旅でした。上高地は春夏秋冬いつ行ってもいいなあ!!
posted by yosi&ゴン at 10:29| Comment(4) | 日記

2017年12月31日

12月の富士山周辺

5年前の春にゴンさんの案内で登った越前岳から
目に前にド〜ンと広がる富士山の雄大な景色を忘れられず
雪を被った初冬の富士を見ようと再び案内して貰った。
富士山の南側に位置する越前岳の登山道は思ったより雪が少なく
用意したアイゼンは装着する必要無し。

@.png

今回は春夏の景色と違う富士を見るのと写真撮影が目的なんで
頂上へは登らず展望が良い中腹のベンチまで。
少し雲が出てきたが、目の前になだらかな稜線が裾野まで伸びる。
宝永4年(1707年)の大噴火で出来た火口がパックリ口を開けている。
画像を拡大すると火口の左にジグザクの登山道が見えるし
静岡側と右の山梨側の雪の量の違いが分かる。

A.png
B.png

遅めの昼食は大阪ではあまり見かけない回転寿司の「はま寿司」

C.png

扉を開けると、ソフトバンク開発の働く人型ロボット・ペッパーが
視線をこっちに向け「いらっしゃいませ!」と声をかけてきた。
普通は席確保に名前と人数を書き案内する店員の業務を
胸のタッチパネルでペッパーがソツ無くこなす。

D.png

ペッパーのお値段は本体198,000円
仕事に必要なアプリや保険等を含めると575,424円(一日レンタル6万円)
顔認識や感情・年齢・性別も判別することが出来るらしい。
マツコも判別出来るんやろか!?
従業員1名の人件費削減になるけど、益々人間の働く場が奪われる。
ロボット化がいいか悪いか悩ましいところ。

西伊豆の宿に向かう途中、駿河湾を隔てて浮かぶ夕暮れの富士山
雪の山肌がピンクに染まって幻想的な一枚。

E.png
F.png

西伊豆・土肥温泉のホテルに宿泊した2日目も
この時期にしては暖かで、穏やかな一日になりそう。

昨日に増して雲一つ無い晴天の駿河湾
戸田(へだ)漁港の入り江の向こうに浮かぶ富士山
青い海に漁船、赤い鳥居と絵に描いたように整った風景。

G.png

越前岳が富士山を間近で見る絶景ポイントNo1なら
金冠山(816m)は遠景の絶景ポイントNo1
思わず両手を挙げて深呼吸してしまう。

H.png
I.png

伊豆半島の根元・三島市にある三嶋大社は全国の三島神社の本社とか
正月準備の大しめ縄作りで地元のTV局が取材中。

J.png
K.png

弓道場があり、練習姿がカッコいい。
境内にある茶店の「福太郎餅」のヘアスタイルはリーゼント
緑茶付きセットで200円はお値打ち価格。

L.png
14.png

全国に何か所か同じ名の滝があるが、最後は富士宮市の白糸の滝。
1本の細長い滝を想像していたのに横長に何本も流れ落ちていた。
さしずめ、イグアスの滝ミニ版と言ったところ。

N.png

富士山と白糸の滝(手すりのすぐ下)が同時に見れる展望台。

O.png

この位置から見ると現在も崩壊を続ける大沢崩れの深い谷
コンデジの望遠を最大の25倍にすると頂上の測候所が見える。

P.png
18.png

この日は初めて行く場所ばかりで新鮮な一日でした。

yosi

posted by yosi&ゴン at 15:29| Comment(4) | 日記

2017年12月10日

舞洲・イン・ワンダーランド

海遊館のテラスから北方向の舞洲に目を向けると
イスラム教寺院みたいな金色に輝く不思議な塔の先端が見える。
それが大阪市のゴミ焼却場なのはうすうす知ってたけど
これまで一度も舞洲に行ったことは無い。
舞洲は夢洲・咲州と共に大阪ベイエリアを埋め立てた人工島。
(大阪市内から出た一般ゴミを埋め立てに使った)
中でも夢洲はスポーツアイランドと呼ばれるだけに
野球場・サーキット・アリーナ・テニスコートなど
あらゆるスポーツ施設が揃っている。
(舞洲にオリンピックを誘致しようと立候補したが北京に敗れた経過がある)
金色の塔を間近で見ようと確かめに行って来た。

舞洲の全体図。赤丸が焼却工場
青丸はコーヒーを飲んで一休み、広い庭を散歩出来る舞洲ロッジ。

mb.jpg

ゴミ処理場の全容。手前の水色の塔が焼却場の煙突で
道路を挟んで建てられた施設の鮮やかな青い塔は
下水道から出る汚泥を処理するスラッジセンター。

ko.jpgIMG_3562.JPG

近くで見るとアリスやないけど、正しくワンダーランド。
自然との共生をテーマに建物の内外に草木をふんだんに使い
塔の窓から木の枝が伸びている。
因みに数多くある小窓の8割は実用でなく装飾やそう。

IMG_3566.JPGlp.jpgbg.jpg

ティム・バートンも草間彌生もビックリのファンタジーワールド。
和助さんなら目がになるのは間違い無し!
スラッジセンターの青い塔。

IMG_3571.JPGIMG_3576.JPG

遊園地かテーマパークとしか思えない奇抜なデザインの作者は
今は亡き画家で建築家のオーストリア人、フリードリヒ・シュトーヴァッサー氏。

mk.jpg

関テレ扇町スクエアにある大阪キッズプラザの「子供の街」も氏のデザイン。

ds.jpg

ウイーンにある「フンデルトヴァッサーハウス」と呼ばれる集合住宅。
こんなアパートに住んだら毎日がおとぎの国。

ru.jpgto.jpg

焼却施設内を見学出来るらしいので、興味ある方は一度訪れてみては ?!
posted by yosi&ゴン at 13:01| Comment(2) | 日記