2018年06月25日

入笠山、初夏の山野草

入笠山は長野県の南部、山梨の県境に近い1955mの山。
頂上からは目の前に八ヶ岳連峰、南アルプス・中央アルプス・北アルプス
富士山・乗鞍岳・御岳と日本の3000m級の高山全てが望める。
護音さんの案内で夏と晩秋に続き3度目ながら初夏に訪れるのは初めて。
今回の目的は、今の時期しか見ることが出来ない高山性の野草。

1日目は清水市から蓼科山麓へ向かってロングドライブ。
宿に荷物を置いて滝が連続する横谷渓谷を散歩する。

IMG_5642.JPG
mj.jpg

宿は渓谷の一軒宿、横谷温泉旅館。
案内された部屋は15畳の和室でバス・トイレ付、二人には広すぎる。

IMG_5607.jpg

温泉は黄金の湯と呼ばれる鉄分の赤茶色の湯。

dj.jpg
IMG_5685.JPG

夕食はお膳、食い過ぎることなく程々の量でいい。
食後は1時間程のクラシックピアノコンサートでゆったりした気分。

IMG_5674.jpg
IMG_5676.jpg

ここでクイズ、横谷温泉旅館の1泊2食付きの宿代はいくら?

si.jpg

二日目は快晴、宿を出て入笠山に向かう道に広がる田園風景。
八ヶ岳の名前通り、赤岳を主峰とする八つの嶺が繋がる。

zm.jpg

ゴンドラで1780m地点まで上がった入笠湿原は中高山性の野草の宝庫。
ニッコウキスゲ・アヤメ・レンゲツツジの色が鮮やか。

fg.jpg
アヤメ.jpgレンゲツツジ.jpg

日本に僅か100株しか生育していないという
絶滅危惧種で超貴重な釜無ホテイアツモリソウとキバナアツモリソウ。
この湿原の主役・日本スズランは終わりかけていた。

クマガイソウ.jpg
キバナノアツモリソウ.jpg
日本スズラン.jpg

川中美幸の歌に出て来る二輪草、濃いピンクのクリンソウにキバナノヤマオダマキ。

二輪草.jpg
クリンソウ (2).jpg
クリンソウ.jpg
キバナノヤマオダマキ.jpg

クマガイソウとブルーのハクサンフウロ、ササバギンランにツマトリソウ。

ac.jpg
ハクサンフウロ.jpg
ササバギンラン.jpg
ツマトリソウ.jpg

まだまだ紹介したいけど長くなるので、野草はここらでお終い。
入笠山頂上で記念写真。

IMG_5768.jpg

清水に戻って、観たかったカンヌ映画祭でパルムドール賞を獲った
是枝裕和監督の映画「万引き家族」を鑑賞。

zi.jpg

家族を描いても善人しか登場しない山田洋二作品と違って
是枝監督が描く家族は複雑で何かしら問題を孕んでいる。
その中でも「万引き家族」は不思議な絆で結ばれた
寄せ集めの疑似家族で価値観が異質。
毎日のように新聞の社会面を賑わす虐待・DV・年金詐欺・育児放棄等々
繁栄の片隅に追いやられ、社会の底辺で暮らす家族に焦点を合てた作品。
お勧めです。

yosi
posted by yosi&ゴン at 21:00| Comment(4) | 日記

2018年06月02日

アジサイと野菜と甘夏

6月は梅雨の季節、シトシト降る雨に似合うのがアジサイ
我が家でも何種類かのアジサイが満開を迎えた。
か細い枝のピンクアナベル、白いアナベルは花も葉も大振り。
どちらも丈夫で育て易い。

IMG_5463.jpgIMG_5469.jpg

元は爽やかブルーのダンスパーティーが
嫌がらせみたいに一段と濃いピンクに咲いて、ブルーの面影全く無し。

IMG_5465.jpg

四季咲き性の「霧島の恵」は他に先駆けて蕾を付け
矮性なのに葉が隠れるほど大きな花を幾つも付けた。

IMG_5464.jpg

去年、黄色地に赤い十字架模様が出たアジサイが
ダンスパーティーとは逆に今年はブルーに咲いた。
四角い花びらと手裏剣みたいな模様が面白い。
アジサイに花言葉を付けるなら絶対「気紛れ」。

IMG_5467.jpg

白は好きな色やけど、純白のアジサイはも一つ物足りない。

IMG_5470.jpg

ピンクのウズアジサイは紫がかってるのが微妙で、期待した色が出ない。
ブルーの方は色付き始めたばかり。

IMG_5496.JPGIMG_5501.JPG

ベランダのプチトマトは1.5a程の緑の実を付けて収穫間近。
キュウリの収穫第一号、これから毎日獲れそう。

IMG_5472.jpgIMG_5473.jpgIMG_5495.JPG

コーナンで苗を買って3年目の甘夏は身長130a。
去年は花はたくさん咲いたのに実のらず全て落ちてしまったけど
20個ほどの実が直径1a程に成長。落果せず収穫できるやろか。

IMG_5471.jpg

今の時期は、独特の生臭い匂いを発するドクダミの白い花も満開。
抗菌作用があり、虫刺されや切り傷・水虫などの皮膚トラブルに効果がある
薬草として知られているけど、抜いても抜いてもしぶとく生えて来る厄介物。

IMG_5480.jpg

九州と四国が5月28日、平年より一週間ほど早く梅雨入り。
大阪の今日は快晴、関西の梅雨入りは来週6月7日頃と予想されています。

yosi
posted by yosi&ゴン at 21:09| Comment(4) | 日記

2018年05月03日

春の沖縄、水納島

年に3度ほど会う高校時代からの友人2人と2月に集った時
去年の秋に行った3泊4日3万円沖縄激安ツアーの話をすると行こうと即決。
旅行社に問い合わせると、同じ企画で現在募集中との返事。
ゴールデンウイーク前で企画最終日の4月23日出発日の
レンタカー付きフリープランを申し込んだ。

IMG_5344.JPG

出発前日の天気予報は、往復の23日と26日は晴れなのに
肝心の中2日が曇り時々雨なのが気になる。
今回の発着は伊丹空港、建物が増築され多くの飲食店がオープン。
展望台が公園のように広く綺麗に整備されていた。

IMG_4728.jpg

那覇空港到着後はレンタカー受付の順番待ちに時間がかかり
国際通りを2時間程ブラブラして恩納村のホテルへチェックイン。
今回のプランは全ホテルで夕・朝食付きなのが逆に不自由。
レンタカーは自動安全装置装備のトヨタのCH-R、精悍でカッコいい!

CH-R.jpg

2日目はまずホテルに近い像の鼻の断崖、万座毛。
次はエイサーを見たくて琉球村を見学。

kh.jpgIMG_4768.jpg

午後は前回と同じく、友人達を勝連城から海中道路ドライブにご案内。
沖縄家庭料理を看板に掲げる食堂は押し並べて不味い。
唯一旨いと思った浜比嘉島の「てぃーらぶい」が定休日やった

IMG_4783.JPGxh.png

3日目は同行の友人の一人の両親が沖縄出身であり
15年振りに叔父の家に寄りたいと言うことで、この日は各自別行動。
おれは軽のレンタカーを借りて一人水納島へ。
その形状からクロワッサンアイランドとも呼ばれ
美ら海水族館にも近い本部港から高速船で15分で到着する。
島全体が珊瑚礁に囲まれ、コバルトブルーに澄む海水がなんとも綺麗。

zt.jpg

海開きを終えたと言え、GW前に島を訪れる観光客はまだ少ない。
嬉しいことに、天気予報に反して青空が時折覗いて気温は25度。

mk - コピー.jpg

まずクロワッサンの中心は桟橋からたったの徒歩15分。
途中、4匹のヤギの家族がいた。

IMG_5176.JPG

午前10時発の高速船の客は10人程しか居なかったが
みんな中心に興味無いのか誰も居ない。
干潮時で干上がり、予想に反してこんな殺風景な状態。
珊瑚の死骸が固まったのかサンダルで歩ける。

IMG_5178.JPG

水納島は周囲が珊瑚礁に囲まれているため
画像のように桟橋まで高速船用の通路が作られている。
環境破壊の気もするが、観光収入に頼る沖縄では仕方ないか。

fd.jpg

今回、3時間足らずの滞在で歩いたのはグリーンの線に沿って。
古井戸から灯台までは、まず人が来ないプラベートビーチ状態。

bg - コピー.png

シュノーケルやスキューバで、こんな景色が見れるらしい。
次に来た時は絶対潜ってみよう。

mb.jpgno.jpg

クロワッサンの内側から細い道をしばらく進んで浜に出たら
田中一村が好んで描く赤く色付いたアダンがたわわに実ってる。

ng.jpg

砂と言うより小麦粉みたいな微小粉末の浜。

nb.jpg

飛行機の窓から中央右にクロワッサンアイランド

k.jpg

さらば、また来る日まで。
posted by yosi&ゴン at 21:39| Comment(4) | 日記