2020年08月13日

陸奥一人旅その1

どういうわけか、陸奥一人旅に出かけたワタクシであります。
30日夜、俺は一路東北目指して東名高速へ。
さすがに朝まで走り続ける体力気力はなく、途中の神奈川厚木PAで最初の車中泊。ところが乗用車ゾーンまで侵入して止めているトラックが、エンジンをかけたまま運転手が寝ているので、煩い事この上なく、寝られたもんではありませんでした。

翌朝、高速に乗る前にコンビニで買っておいたお握りとお茶で軽く朝飯を済ませ、出発。一時間おきに休憩を取りながら一気に岩手県花巻市まで北上。今夜の宿は「道の駅とおわ」日帰り温泉が併設された静かでいい場所です。車中泊しても文句は言われない・・・たまに車中泊お断りの道の駅がある。

次の日は民話の里、遠野へ。柳田国男記念館とかとおの民話の館などを見学。真新しくて有難みの少ない蔵の町などが出来ていた。
Z50_0510.jpg
Z50_0507.jpg
Z50_0525.jpg
Z50_0534.jpg

次に盛岡へ寄ったが、あまり見るべきところなさそうなのでマクドへ寄ってWIFIやって、昼食。今日の車中泊地をネットで探して陸奥小川原湖畔の「道の駅おがわはら」に決定。ここも日帰り温泉が隣にあり傍に交番もあって安全!昨日の日帰り温泉は600円だったがここは300円と安い。ただし石鹸類は無し。
Z6A_0618.jpg

3日目は恐山目指してさらに北上。無料の高速道路はあるし、道はがら空きで快調。恐山に近づくとあたりに硫黄の匂いがしてきた。恐山のイタコはどこにいるんかい!?寺には生臭坊主が入山料を徴収しておった。
山門の両側に温泉小屋がある。緑がかった白い濁り湯、誰も入っていない。左後方に何々地獄というのが広がっていて巡るようになっているが、どれも別府や箱根や雲仙に比べるとしょぼい、しかもあちこちに10か所以上も菩薩や明王、仏の石像が建てられていてその前に全てお賽銭箱を置いてある。こんな強欲な寺では後利益などあるはずもない。
Z6A_0634.jpg
Z6A_0679.jpg
Z6A_0653.jpg
Z6A_0646.jpg

恐山を後に断崖奇岩の仏が浦へ。駐車場からの下って浜へ降り、また駐車場へ登り返すのがえらかったなあ、大汗かいた。
Z6A_0706.jpg
Z6A_0711.jpg

次に向かったのは下北半島&本州最北端であり、一本釣りのまぐろ(高価)で有名な大間へ行ってきました。今日はここの民宿海翁へ一泊することに、連日車中泊では老体が持たないもんね。急遽ネットで調べて電話をしたのだが。快く泊めていただいた。ただ夕飯は間に合わないとのことで他で食べてくるように言われたが、朝飯は有り、でも泊り客は俺一人だったようでなんだか申し訳なかった。急な申し込みにもかかわらずとても感じの良いおかみさんで、夜頼んだビールはサービスでタダにしてくれた上、乾燥ヒジキのお土産までもらってしまった。
Z6A_0720.jpg
Z6A_0722.jpg

コロナの影響か?他県ナンバーの車があまり見なかった。GOTOキャンペーンにもかかわらず自粛しているのかな?

運転し続けで血流が悪くならないように、良さんではないが俺もふくらはぎサポーターをして運転しています。
Z6A_0619.jpg

posted by yosi&ゴン at 13:44| Comment(4) | 日記

2020年07月20日

夜間頻尿対策にふくらはぎサポーター

健康オタクにとって毎週水曜日夜に放送される「ためしてガッテン」は見逃せないTV番組。

jhg.jpg

15日のテーマは「頻尿の意外な原因と対策」。夏はともかく、冬の寒い夜中に何度もトイレに通うのは辛いし寝不足の原因にもなる。おれは、3年前からかかり付けのクリニックで前立腺肥大を小さくする薬と、膀胱の血流を良くする薬の2種類を処方して貰って改善しているが、薬に頼らず改善出来る方法があると言う。

夜間頻尿の大きな原因の一つは、日中に飲んだ水分の多くが昼間に排出されず、ふくらはぎに溜まってしまう為。加齢とともに心臓の血液を循環させる機能が低下すると、重力によって足の血管から水分が漏れ、ふくらはぎの部分に溜まってしまう。その結果、夜、横になった時に水分が再び血管に戻り、増え過ぎた血管の水分を減らそうと小便となって排出される。ふくらはぎは第2の心臓と言われますが、第2の膀胱でもあるのです。

kjh (2).jpg

心臓の血液循環機能が十分働く若者は、余分な水分は日中に小便として排出され、血液を心臓に戻す力が弱い中高年はふくらはぎに溜め込んで、横になった姿勢の夜間に膀胱に戻って、仕方なく排出すると言う訳です。頻尿に悩む中高年のふくらはぎは水分を含んで浮腫み、昼間と寝る前の円周は1〜2pほど増加するそうです。

mki.jpg

薬要らずの解決方法として紹介されたのが、ふくらはぎを強制的に締め付け、水分を上半身に戻す働きをする加圧靴下。長靴下は暑苦しいし、カッコ悪いのでアマゾンでサポーターを探したら、手頃な価格で速乾素材のふくらはぎサポーターを見つけた!これならテニスなどスポーツ時の疲労軽減機能もあるし、派手過ぎず地味過ぎないグレー、近所なら着けたまま外出できる。

lkj.jpg
加圧.jpg

細過ぎて自信が無い下半身、迷いながらもSサイズにしたところ、加圧具合が丁度いい。送料込みで950円、洗い替え用と2足(1足2枚)注文。試し履きして3日目、効果絶大、昨夜はAM6時までトイレに起きなかった!

IMG_9759.JPG
IMG_9760.JPG

ガッテンでは夜間頻尿対策として、も一つ紹介していました。こちらは薬どころか金要らずでテレビを見ながら出来る。家にあるクッションや折り畳んだ枕に、就寝4〜5時間前に20〜30分仰向けに寝て足を乗せるだけ。ふくらはぎに溜まった水分を膀胱に戻す原理はサポーターと同じです。両方試してはいかがでしょうか。

jhg (2).jpg

posted by yosi&ゴン at 22:03| Comment(4) | 日記

2020年06月23日

三島スカイウォーク&紫陽花

良さんの紫陽花の日記に続いて紫陽花の日記。
梅雨の合間で天気もまあまあ良く(暑いくらい)、リーマン時代の友人と箱根山ろくに数年前できた大吊橋(4人ともまだ行ったことがないので)へ行ってきました。
丁度紫陽花が見頃に成りつつあるということと、コロナによる観光客減対策で、静岡県民は通行料(入場料)半額ということなので行く話がすぐまとまった。

三島から箱根方面に一号線をしばらく登ったところにあります。我が家から東名高速使って1時間くらい。
Z50_0379.jpg

今日は上空は晴れていたものの富士山方面は雲が多くお山は少ししか拝めません。沼津市や駿河湾・伊豆半島方面もかすみがちではっきりしませんでした。
Z50_0382.jpgZ50_0383.jpg


好天の場合の富士の見晴らし。・・・画像は公式サイトより
20180429095131.jpg

長さ400mの吊橋を渡ったところに紫陽花園がある。
残念ながら見頃には少し早く3〜5分咲きくらいかな?
Z50_0390.jpg

パンフレットによると196種12000株の紫陽花があるそうな・・・品種の説明がほとんどないので、何が何やらわからないのは、不親切だなあ!
Z50_0389_00001.jpgZ50_0386.jpgZ50_0405.jpg
Z50_0394.jpg
Z50_0402.jpgZ50_0403.jpgZ50_0393_00001.jpg

吊橋の横にロングジップスライドという、ワイヤーに吊り下げられて400mを滑りわたるという遊びがあり、大学生らしきグループが挑戦していた。高所恐怖症の人は無理でしょう。・・・往と復の別々の線で往復2000円。
Z50_0413.jpg
Z50_0416-(2).jpg


昼飯は三島から延びる下田街道沿いの村の駅で、ここの売り物の卵を使ったオムライスと卵をふんだんに使ったふわふわパンケーキを食す。オムライスの味は普通、パンケーキも普通のパンケーキのほうが好みだった。売り物の卵は10ケ入り700円。
名物だが単なる卵かけごはんが650円とは高い!
Z50_0422.jpg

まだ陽も高かったので食後は三島大社へ参拝。新型コロナウィルスの早い終息と、友人の病気回復と・・・・が当たりますようにと祈ってきました。
Z50_0423.jpg

もうじき無病息災 輪くぐりさん(茅の輪くぐり)ですね。
Z50_0426.jpg

三島大社名物 ”福太郎餅”
Z50_0427.jpg

少し早めですが日の高いうちに帰ってきた。
コロナ自粛騒ぎ以来の2か月半ぶりの遠出でした。
これから週末は各地の人出が増えるだろうけど、コロナの二次感染がちょっと心配ですね。特に今現在は東京都が一番やばい。東京の人は出かけるな、東京へは行くなっていう人が周りに多い。これも差別か?
posted by yosi&ゴン at 11:34| Comment(4) | 日記