2014年10月19日

秋祭り、地車曳行

秋晴れの10月18・19日の週末、地域の秋祭りがあった。
大阪中部・生駒山麓の河内地域では、まだこんな伝統行事が残っている。

土曜の夜は明日の曳行に先立ち、氏神神社で前夜祭
9地区代表の太鼓・鐘がコンチキチンと賑やかに打ち鳴らし
高さ6m程もある提灯の幟が華を添える。

IMG_4824.jpg

朝7時半頃、まだ布団の中なのに
勇ましい「ソーリャ、ソーリャ」の掛け声
鐘と太鼓の音が響いて来る。

IMG_4836.jpg

高野街道のそう広く無い道路を通行止めにして
9基の地車が縦一列になり男達が綱を引く姿は圧巻
岸和田のだんじりのように走ったりはしないが、、、

IMG_4834.jpgIMG_4840.jpgg

こんな路上チャンバラパフォーマンスも登場

IMG_4829.jpg

隣の地域の氏神神社でも祭りらしく
賑やかに焼き鳥やたこ焼きの屋台が出て地車が集合。

IMG_4842.jpgIMG_4844.jpg

ところで、うちの地域では地車(ぢぐるま)と呼んでるけど
京都は山鉾、博多は山笠、他に山車(ダシ)、檀尻(ダンジリ)、屋台など
祭りや地域によって、この車輪が付いた建造物の名が違うのはなんで?
知ってる人がいたら教えて。

yosi
posted by yosi&ゴン at 21:56| Comment(2) | 南米

2014年09月23日

退院しましたA

今回の手術に際し、病名の診断を受けた病院で
「特発性大腿骨頭壊死症」はハッキリした原因が特定されておらず
難病指定されているので医療費助成の対象になる
証明書を書くので保健所に申請するよう言われ
家族全員の住民票や所得証明書を添えて申請した。
同時に市役所で高額医療費制度も申請し
老人(65才以上)医療一部助成(特定疾患の対象者)制度の説明も受けた。

保健所発行の「特定疾患医療受給者証」と
市役所発行の「国民健康保険限度額適用認定証」
いずれも期限は今年の12月31日で、引き続き治療を受ける時は更新が必要。

IMG_4646.JPG

予め医療費助成を受けられる制度の申請を済ましていたものの
4泊5日の自己血採取の入院、20日間の手術入院の請求書明細を見てビックリ
なんと前回が2,250円、今回が3,304円と激激激安
特に手術入院の金額に目を疑い、計算間違いでは?と会計係に確かめた。

IMG_4645.JPG

IMG_4644.JPG

2,250円(高額医療費最低負担額)と3,304円の差は
食事代と病衣(3割負担)が5日分と20日分の違い
詰まり、MRI・レントゲンなど検査費・薬代・手術費や
術後の治療費が100%近く公費助成されている。
明細に合計点数171043、1点10円とカッコ書きしているので
20日間の治療費合計1,710,430円に対し3,304円の自己負担
信じられない

社会人になって以来45年、健康保険組合や国保に多額の保険料を納め
これまで風邪やアレルギー、歯科に世話になったくらいで
大きなケガや病気をせず、差引マイナスの部分が多かったけど
現役の頃ならともかく、退職金も残り少ない年金生活者にとって
今回の入院で日本の健康保険制度はホントに有難い、と実感しました。

yosi


posted by yosi&ゴン at 13:34| Comment(0) | 南米

2014年09月21日

退院しました

入院してから今日で20日目、すっかり秋めいて来た今日この頃
基準の3週間より一日早く、本日午前中に退院することが出来ました。

この場をお借りして、皆さんにお礼をさせていただきます。
入院中はたくさんの方のお見舞いやメッセージ
本当に有難く、ガンバローと前向きになる力になりました。
(付け加えて言うと、わたくしの驚異的な回復は以前に申しましたように
医師や看護士・理学療法士の指導を真摯に受け止め、実行する
模範的な患者であったからに違いありません)
一日も早く元の生活に戻れるよう、今日から今年一杯
ひたすらリハビリ道に励みます。

この患者認証リストバンドとも今日でお別れ
注射や投薬の時、また警備員に捕まった時
本人と間違い無いかバーコードリーダーで確認します。

リストバンド.JPG

なんと、今日の日に合わせたかのように
ビッコひきひき、ゆっくりですが
痛みが無く、杖無しで歩けるようになりました。
自宅周辺は坂道が多い地域なんで外は杖を離せませんが
帰宅して4時間、家の中では自力で歩いてます。

シェフポーズでドヤ顔
IMG_4639.JPG

富永病院情報
医師や看護士はもちろん、給食の担当者まで全ての職員の対応が丁寧
ほぼ満点の評価を付けたい。
PTに聞くと入院350床(他に外来患者あり)に対し
全職員500人で対応すると言ってました。
(同室の患者に文句垂れ、ナースコールしまくりのオッサン
日がな一日、15分ごとにデカいへをこくスカンクオヤジがいましたが
これは病院評価の対象外)
脳や関節の故障・不具合ででお困りの方
JR難波駅から徒歩3分、富永病院へ是非どうぞ。

yosi
posted by yosi&ゴン at 16:30| Comment(2) | 南米