2018年04月07日

健康寿命 男性71.2才?

新聞や雑誌でよく目にする健康寿命という文字。
厚生労働省が2017年に発表した調査結果は下の表の通りで
平均寿命との差は約10年ある。
lm.png
健康寿命の定義が「介護を必要としない自立した生活が出来る生存期間」
男性71.2才? それはヘン、介護を必要とする期間が9年とは現実と合わない。
もちろん身体障碍や病気で介護が必要な子供や若年層が含まれるが
割合から言えば極少数。どう考えても周りの現実と違う。
60才70才になると誰でも一つや二つ調子が悪いところがあり
医者通いをしてる・薬を飲んでる、と言うのは当たり前。
かと言って、70才ちょっとの年齢で介護が必要な人は身近には居ない。
腰が痛い・固いものが噛めないトイレが近い・耳が聞こえにくい
新聞の字が小さい・名前が思い出せん・鍵の置き場所を忘れた
などなど頭の先から足先まで全身を襲ってくる老化をボヤキながら
昼夜問わず、街を徘徊するのが好きな人が殆ど。

調べてみると健康寿命の考え方に、原則の(1)介護を必要としない生活
の他に(2)自分が健康であると自覚している(3)慢性疾患がないこと、と
3つの指標があるらしい。あてにならん原則の(1)は横に置いといて
(2)の自分で健康を自覚出来る日常生活を送りたいもの。
700万人の団塊世代が70才代に突入、一層の少子高齢社会化社会を迎え
厚生労働省が高齢者に、今以上の医療費負担を強いる意図を感じる
健康寿命71.2才なんか蹴っ飛ばそう!

ついでに終末医療について
日本は寝たきり老人の数が世界一らしい。その理由は死期を迎え意識朦朧またはベッドで植物人間状態、自分で生きる力が無くなってもチューブで食べ物を胃に送り栄養補給したり機器で心臓を動かし管だらけになった身体を無理矢理生かそうとするから。
宗教観や死生観の違いからか、尊厳死を認める国があるヨーロッパでは患者が苦しむだけの延命治療よりホスピスなどの緩和治療を重視し、苦痛を除くことはしても自分で飲み込む力が無くなった患者にはジュースなど水分を摂らせるだけで、静かにその時を待つとか。患者も家族もその考え方が当たり前らしい。もちろん、このような治療は高齢者が対象で、生きる力・回復する力がある若年層は別であるが。ヨーロッパの国々の終末医療の考え方に全面的に同感。
もしもの時に備えて蘇生・延命治療は望まない、と書いたものを残しておこう。

yosi
posted by yosi&ゴン at 12:06| Comment(2) | 日記

2018年02月23日

バンコク・アンコールワットの旅 その2(アンコール編)

シェムリアップ空港は平屋建ての小さいがこぎれいな空港。入国手続きを済ませて出口へ向かうと、ホテルのピックアップサービスの人が待っていてツクツクでホテルまで連れて行ってくれます。
IMG_1751-1024x768.jpg

このホテル、中心部にあってマーケットやPUBストリートにも近いのにコスパ抜群です。・・・トイレ・シャワー・冷蔵庫・TV付きのツインルームが29ドル/部屋。プールやWIFIもあり清潔で毎日シーツタオルを変えてくれます。
チェックインは3時からなので、その間に明日からの観光の手配と遅い昼飯をホテルのレストランでとり、が・・・味は”なんだこりゃ?”てなもんで俺が頼んだカレーも他が頼んだカンボジア風チャーハンも甘くて閉口!
部屋に入ってシャワーを浴びて着替えをして一休み後、すぐ近くのナイトマーケットへ。
シェムリアッフ (3)_R.jpg

冷やかしで店を覗いて声をかけたりしたらもう大変。これはどうだあれはどうだと次々土産品を勧めてくる。買わないと言ってもいくらなら買う?一つで値段がこれこれだが五つならこの値段だ**と商売熱心さにたじたじ。買い物は最後にしようと思ったがつい一個買ってしまった。(木綿のマフラー)
ホテルへ戻ってから同じレストランでもう一度別の料理を頼むが、またまた失敗であった・・・もうここでは食わないぞと皆で話す。明日は早いので部屋へ戻り早めの就寝。

二日目はアンコールワットからの日の出を見るために、4時起き4時半出発。手配のツクツク(4人乗り3輪車タクシー)で入場チケット売り場へ行くが、薄手の長袖シャツを着てきたのだがそれでも”寒い!!”ライトダウンアウターも着て来ればよかったと思ったが後の祭り、ホテルへ置いてきた。
チケット売り場は観光客の行列ができていたが、一日券用の窓口は混んでいたが三日券用の窓口はその1/3以下。一日観光で済ませる人が多いのだな、じっくり見どころ多いのにもったいない。・・・一日券37ドル、三日券(1週間有効)62ドル、七日券(一月間有効)72ドル
アユタヤ (53)_R.JPG

以前と同じように、日の出を見たらいったんホテルへ戻り朝食、一休みしてから観光へ出かけると思っていたら、ツクツクの運ちゃんはそのまま遺跡巡りをするという。仕方なく案内された現地の食堂で朝食をとり観光を続けることに。
アンコールワット・・バイヨン寺院・・タケオ寺院・・タプローム寺院・・バンティアクデイ寺院・・スラスラン寺院と巡り、朝は十分見学しなかった(というより一旦帰ってまた来るつもりだったので)アンコールワットへもう一度戻って観光し、昼過ぎホテルへ。初日は朝早いのでこれくらいにして街のレストランで昼食(ホテルより安くて美味しい/一品2〜3ドルくらい、ビール0.5ドル、果汁生ジュース1ドルくらい)。
アンコールワット朝陽 (9)_R.JPG
アンコールワット朝陽 (12)_R.jpg
バイヨン (27)_R.JPG
バイヨン (15)_R.JPG
Banteay Kdei寺院 (6)_R.JPG
TaKeo寺院 (20)_R.JPG
TaKeo寺院 (10)_R.JPG
TaKeo寺院 (6)_R.JPG
Ta-Plom寺院-(27).jpg
Ta-Plom寺院-(28).jpg
Sras Srang_R.JPG
アンコールワット (26)_R.JPG
アンコールワット (27)_R.jpg
アンコールワット (37)_R.jpg
アンコールワット (1)_R.jpg

砂埃まみれの体をシャワーを浴びてさっぱりとして一休み・・・・平均年齢65歳だからね。
屋台のロールアップアイスや揚げ餅のような食い物を買い食いしながらマーケットを冷かし歩く。昨日買ったマフラーと同じようなものはそこらじゅうの店で売っているのだが、悔しいことに後からのほうがどんどん安く買えた。昨日5.5ドル、今日4ドル。
親子でやってるロールアップアイスの屋台。息子のほうが断然手際が良く上手。
シェムリアッフ (15)_R.jpg
シェムリアッフ (1)_R.jpg

三日目は遅めの10時出発で、プレアカン寺院・・ニァックポアン寺院・・タソム寺院・・イーストメボン寺院・・アンコールトム王城内 と観光、最後は夕陽を見に再びアンコールワットへ。
Inkedシェムリアッフ (7)_R_LI_R.jpg
InkedPreah Khan寺院 (12)_LI.jpg
Preah Khan寺院 (7)_R.JPG
Ta-Som寺院-(4).jpg
Ta-Som寺院-(11).jpg
East Mebon (7)_R.JPG
East Mebon (12)_R.JPG
Neak Poan (14)_R.JPG
Neak Poan (10)_R.JPG
アンコールトム (2)_R.JPG
アンコールトム-(22).jpg
アンコールトム (17)_R.JPGアンコールトム (20)_R.JPGアンコールワット夕陽-(5).jpg

四日目は完全休養日でみんなのお土産お買い物。俺はそんなに買わないが友人達は子供・兄弟・ご近所・会社関係と買うわ買うわ・・・(元同僚の勤め先の社長がそれぞれお小遣い1万円をくれたそうな、いい会社だなあ)
街のあちらこちらにある店で疲れた足をマッサージしてもらい、何の効果があるか知らないがテレビで見たことがある足を小魚に突っついてもらうというやつもやった。
Inkedシェムリアッフ (10)_R_LI_R.jpg
シェムリアッフ (11)_R.JPG

最終日は8時前にチェックアウトして荷物をフロントに預け朝食を食べに出てまた戻り、今日は遠出なのでツクツクではなくタクシーで出発。
今日訪れるバンティア・スレイ寺院とベンメリア遺跡はシェムリアップ中心部からそれぞれ40〜50kmくらい離れたところにあります。

バンティア・スレイ・・・赤砂岩に彫られた東洋のモナリザとも呼ばれるデヴァター像や精緻なレリーフ群で有名な他のアンコール遺跡と比べこじんまりとしたかわいい遺跡です。
Banteay Srei (28)_R.JPG
Banteay Srei (21)_R.JPG
Banteay-Srei-(13).jpg
Banteay Srei (12)_R.JPG

バンティア・スレイからベンメリアへ行く途中、あやや車が故障。急遽近くの地雷博物館で見学しているうちに部品を取り寄せて修理することに。1時間ほどで無事終了、よかった・・・・運転手も観光を半分で辞めたら金が半分になっちまうので一安心の様子。
Aki Ra というカンボジア兵士がコツコツと地雷除去をやったのを表彰記念して作られました。日本のTV局の取材の模様のビデオが見られます。シェムリアップの町にも地雷で足などを飛ばされた人たちが垣間見られます。まだ戦争の傷跡が多く残っています。
地雷博物館-(4).jpg
地雷博物館 (2)_R.JPG
地雷博物館 (1)_R.JPG

ベンメリア遺跡・・・スタジオジブリのアニメ「天空の城ラピュタ」みたいだとファンの間で噂される寺院です。壊れたまんまの状態の寺院を見学できる。不思議な雰囲気があります。
Beng Mealea (5)_R.JPG
Beng Mealea_R.jpg
Beng Mealea (9)_R.JPG
Beng Mealea (8)_R.JPG

夜九時シェムリアップ発・・・バンコク乗り換えで、無事11日朝8時半名古屋空港へ帰ってきました。
posted by yosi&ゴン at 19:54| Comment(4) | 日記

2018年02月21日

バンコク・アンコールワットの旅 その1(バンコク編)

サラリーマン時代の同僚(夫婦+男性)と4人で行ってきました。そのうち夫婦者は今回が海外は初めてでアンコールワットを見てみたいというので(俺は過去2度行っているのだが)、ガイド役で行くことに。
ついでにバンコクも寄ってみようということになった。

セントレア空港(名古屋)を10:30発でバンコクにはちょっと遅れて現地時間15:00頃着。日本とは2時間の時差である。
DSC00433_R.JPG 

初めてバンコクを訪れたのは1978年。ネパール・ヒマラヤトレッキングの途中に寄った。それから40年ですけれども(それからも何度か旅の途中に訪れていますが)、当たり前に大変化ですね。
まずインフラが整備されました。一般道をはじめ高速道路、地下鉄、高架鉄道など。自動車は日本製の中古車だらけだったのがいまはピカピカの新車が多い(ほとんどがトヨタ・ホンダなどの日本車やドイツ車)。オフィスビルやホテルなどの高層ビルが市中心部以外にもどんどん建っていました。
ショッピングセンターには日本料理店がずいぶん増え、それも日本の店の出店・・大戸屋、有名ラーメン店など。・・・値段は日本並みか場合によっては同じメニューでも日本より高い場合があった。例えば大戸屋の焼きサバ定食、日本では1000円弱だがこちらのは1200円くらいする。人件費も食材費もタイのほうが安いのにね??
変わらないものも勿論あります。それは日本の大都市より多く残っているのではないだろうか。庶民の台所は相変わらず街のあちらこちらに健在の市場です。肉魚野菜から生きた鶏・蛇・ナマズなどの魚、虫類などなど。一緒に出掛けた元同僚の奥さんはその匂いに閉口していました。スーパーマーケットもあるが価格が高いし、庶民は市場や屋台飯だと思う。
バンコク市民は相変わらず屋台で総菜や飯を買って(これも相変わらずでビニール袋に入れてある)家で食べる人が多い。
DSCF0462.jpg

一番驚いたのは王宮の観光客の数。勿論その主役は中国人韓国人ですが・・・
王宮 今(2018年) 
IMG_0069_R.JPG
DSC00439.jpg

昔(1978年)
ネパール780006A_R.jpg

王宮南にあるワット・ポー寺院の涅槃佛
バンコクWattPoh (7)_R.jpg


昔も今もバンコクの交通渋滞は深刻
画像は2009年
DSCF0442.jpg

先にインフラが整備されたといいましたが、地方行きのタイ国鉄はそのまま。アユタヤへ行った時フアランポーン駅は当時のまま、列車は少し良くなったかな?でも凄いのは値段。バンコクーーアユタヤは普通列車(電化されておらずディーゼル車)で2時間ほどだが16−20バーツ(約20〜75円)。それに引き換え地下鉄はたったの3駅10分ほどだが21バーツ(約78円)。
アユタヤ (54)_R.JPG

アユタヤ
IMG_0540_R.JPG
アユタヤ (20)_R.JPG
アユタヤ-(14).jpg
アユタヤ-(22).jpg
アユタヤ (53)_R.JPG

三日目にはカンボジアはシェムリアップ(アンコールワット観光の町)へ、
1時間ほどのフライトです。
posted by yosi&ゴン at 11:10| Comment(2) | 日記