2021年12月08日

ガッツだぜ!しまなみ海道サイクリング100km

地元の高校時代の友人と瀬戸内海の島々を結ぶしまなみ海道(尾道〜今治)を走っているサイクリングロードを走ってきた。
しまなみ海道MAP1.jpg

起点の尾道は二年前に俺は訪れたことがあるが、友人は初めてということで先ずは尾道市内観光。静岡を6:41分発の新幹線で発つと尾道へは10時頃着く。駅のすぐ裏手から散策道路(古寺巡り)の道が出ていて、尾道特有の狭い階段や小道を通って有名な観光スポットで景色の良い千光寺展望台まで歩く。千光寺ロープウェイがちょうど1〜3日まで工事で運行中止なので山道を登って行く羽目になったがちょうどいい足慣らしとなった。平日とコロナのせいか観光客はずいぶん少ない。
DSC02078.jpg
IMG_20211201_113854548_HDR.jpg
DSC02064.jpg

丁度海辺まで降りたところで名物の尾道ラーメンで昼食。評判の店らしく数名の行列ができていたが、味はこんなものかなという感じ・・美味しかったけど。
IMG_20211201_122013913_HDR.jpg

駅から五分ほどのところにあるレンタサイクルでクロスバイクとヘルメットを3日間借りる。(レンタル自転車6000円、乗り捨て料1100円)
shimanami-onomichi-rental-cycle-terminal.jpg

尾道市街対岸の最初の島、向島までは渡し舟が出ている。(人100円+自転車10円)
DSC02082.jpg
DSC02084.jpg

向島中央部を通っているサイクリングロードを走って因島へ。大した坂もなくらくちんだが最初から無理をせずのんびりと!
但し、しまなみ海道は車専用道路であり自転車や歩行者は各島を結ぶ橋のみ通行可能で、橋ごとに上り下りをしなければならない。橋は海上からの高さが40〜70mくらいあり橋に上るのも一苦労。下の道路から橋上までは勾配の緩くした取付道路が1.5キロ前後の長さであるが、普段自転車に乗りなれてない身としては結構大変です。これがしまなみ海道に渡し舟利用の尾道を除いて6か所もある。
DSC02211.jpg

因島大橋(ここだけ自動車道の下に歩行者自転車用の道がある、ほかは車道の横に付いている)
DSC02089.jpg
DSC02116.jpg

今日の宿は橋を渡って10数分走ったちょっとした坂道を上がったところにあるペンション白滝山荘。90年前に渡来したパブティススト宣教師のために建てられたという、雰囲気のある洋館。国登録有形文化財。
DSC02132.jpg
IMG_20211202_065741241_HDR.jpg

取り合えず自転車と荷物を預けて、瀬戸内海の景色の良い風景が望める標高227mの白滝山へ登った。頂上付近には五百羅漢が道路わきに並んでおり景色と相まって人気となっているようだ。
DSC02092.jpg
DSC02109.jpg
DSC02111.jpg
DSC02124.jpg

海の幸豊富な夕食とお酒にいい気持ちになって、風呂で初日の疲れをいやし熟睡。明日は50数キロ走破の予定。

翌日因島の西海岸沿いを通り3番目の島、生口島へ
生口島大橋
DSC02134.jpg

橋を渡り海岸沿いに北上左回りに生口島を半周する。
途中平山郁夫美術館を見学。拝観料920円
hirayama_ikuo_museum.jpg
DSC02139.jpg
IMG_20211202_100956288_HDR.jpg

美術館裏の耕三寺も見学。入場料1200円(平山郁夫美術館の券で200円引き)
ここは昭和23年に何とか耕三という人が母親の菩提のために建てたという比較的新しい寺で、日光の陽明門や宇治平等院や安芸の宮島風舞台などなどの模倣建築や、大理石の彫刻が一体となった未来の丘など、そんなに広くはない敷地に目いっぱい建っている。
DSC02143.jpg
DSC02144.jpg
DSC02152.jpg

生口島の次はしまなみ海道で一番大きな大三島へ、生口島はレモン栽培の発祥の地らしく、大三島への多々羅大橋を望む景勝の地に記念碑が立っていた。
DSC02166.jpg

多田羅大橋
DSC02168.jpg

橋を降りたところに今夜の宿サイクリストのために作られたようなIKIDANE HOSTELへ、ここで少し遅い昼食を食べ、荷物を預けて大三島半周サイクリングへ・・・・ところが昼前から痛み出した左足脚の膝が山越えの上り坂でどうしようもなくなり、まだ明日一日自転車を漕がなければならないのでここで思い切って俺だけリタイア。友人一人で島めぐりをしてもらうことになってしまった。結果的にここで充分休みを取れたことで膝の痛みも回復し3日目快走で来たからよかったわけだ。戻ってきた友人に聞いたところかなりのアップダウンの道が数か所あり、サイクリング慣れしている友人でも結構大変だったようだ。休んで正解!!

このホステルはいかにもサイクリストのための簡易宿という感じで、まだ新しい清潔な宿。
fc4b1690-ac1c-4c70-84d6-2a5cc60ea321.jfif
DSC00342.jpg

最後三日目は2つの島(伯方島と大島)を渡って今治まで約50kmの道のり、3か所の橋の上り下りがある。そのうち最後の来島海峡大橋は海面からの高さが70mくらいあるので大変だ。

大三島橋、
DSC02179.jpg
DSC02175.jpg

瀬戸内海は島が多く船の利用も盛んなためか、各島に造船所(修理用造船所も含めて)が見受けられた。
また、太陽光発電のパネルもいたるところで見られたが、こう云う島の小規模電力を賄うにはいいのかもしれない。
DSC02189.jpg
DSC02220.jpg
DSC02191.jpg

この辺りは島が密集していて島と島の間隔が短いので潮流の流れが速く海というより川みたいだ。
DSC02201.jpg

伯方・大島橋
DSC02185.jpg

大島にある戦国時代にこの辺りを根城に活躍した村上水軍の資料展示などがある村上海賊ミュージアムに寄った。
DSC02208.jpg
DSC02205.jpg

ミュージアムを出て走り始めたが、あられ混じりの雨粒がポツポツきたので、海沿いの道はやめて島中央のサイクリングロードをひたすらに漕いで来島海峡大橋へ。途中雨宿りできるところもない山の中で急な雨風に見舞われ濡れてしまったが、樹が道路に覆いかぶさっている場所でしばし雨風をしのいだ。スマホで雨雲レーダーを見てみると、ちょうど相棒の友人の真上にそこだけ濃い雨雲があって(まるで後を追いかけてくるように雨雲が・・・)、30分ほどで雨はやみそうだったのでしばらく待って再び走り出す。走っている最中に体熱と風で濡れた衣類も乾いてしまった。

来島海峡大橋は3っつに分かれていて4kmにも及ぶ長い橋。どの橋もそうだが海上を吹く風は強く曇り空と相まって寒いぞこのやろう!!
DSC02209.jpg
DSC02223.jpg

橋を渡ったところにあるレストランでやや遅めの昼めし食って(カキフライカレーが美味しかった)力を付けてあともう一息、一路最終目的地今治駅へ頑張りました。
背後は来島海峡大橋。この辺は狭いので潮の流れが速く渦潮も見られるそうだ。
IMG_20211203_141046834_HDR.jpg
top02_20210206.jpg

今治駅のサイクルステーションで自転車を返し、さっそく歩いて2分のスーパー銭湯で旅の汚れを落とし体を温めて帰路へ。今治から岡山までは在来線特急で、岡山で駅弁を買って新幹線で静岡まで戻った。今治駅16:14発ーー静岡駅21:35着でした。冷えていてあまり美味しくなかったけど駅弁なんて食べたのは何十年振りだろうか。昔の駅のホームで売り子が売っている駅弁とお茶を懐かしく思い出しました。
それと新幹線車内で無線WI-FIが使えるのを初めて知った。

今回この度を計画するにあたって、事前にJR各社がやっているジパング倶楽部というのに入会した。それを利用すると一回200キロ以上利用で3回まで、運賃(特急券も)が2割引き4回目からは3割引きとなる。会費が1年3840円ですが今回の旅で6400円ほど割引になるので元は取れた。もし皆さんが1年に1回でも往復2万円ほどのJRを利用するなら得ですよ。

posted by yosi&ゴン at 20:19| Comment(4) | 日記

2021年11月23日

大井川鉄道と寸又峡の紅葉&車中泊 その2

大井川鉄道と無人駅を堪能したのち、大井川鉄道を離れて寸又峡へ入っていきます。寸又川沿いの深い渓谷の山肌は紅葉はしているものの、少し早いかな?という感じで、記事の見頃の情報に騙されたかな?
IMG_20211117_130642715_HDR.jpg

寸又峡温泉街の入り口の駐車場に駐車料金500円なりを払って、温泉街を抜けて一番の観光スポットの夢の吊橋まで徒歩20分。周りの景色を楽しみながら歩く。平日の割には結構人がいるなあと思った。
IMG_20211117_123849980.jpg

夢のつり橋がかかっているのは、寸又川が注ぐダム湖。大間ダム湖といい、南アルプスから流れ出る大間川と寸又川の合流地点に、水力発電を目的に昭和38年に作られました。大間ダム湖に注ぐ寸又川の水は大変美しいため、光が水中深くまで届きます。その途中で、チンダル現象により赤い光は吸収されてしまうので、青い光だけが水中のより深いところまで届きます。・・・よって人の目にはきれいなエメラルドグリーンに見えるだそうです。
IMG_20211117_132922004_HDR.jpg

全長90m高さ8mのつり橋は一度に渡れる人数は10人までで、そのため橋の入り口で待ってる人の行列が20mほどで来ていた。この吊橋は一方通行のため渡ったら、もう少し上流の飛竜橋という鉄橋まで行ってまた対岸へ渡り温泉街まで戻らなければならない。
IMG_20211117_132220154_HDR.jpg
IMG_20211117_132626406_HDR.jpg
Z6A_2012.jpg
IMG_20211117_143522350_HDR.jpg

どこかで太鼓の音が聞こえているなと思ったら、今ではどこの観光地でもよく見かける猿回し。
Z6A_2028.jpg

廃校になった小学校の建物もいい感じです、懐かしい二宮金次郎像が。
Z6A_2031.jpg
Z6A_1966.jpg

寸又峡の紅葉見物後、今夜は大井川中流域にある「道の駅川根温泉」の駐車場で車中泊です。この道の駅には日帰り温泉が併設されて(しかも520円と安い)いるので人気なのか、キャンピングカーも数台泊っているほか俺のような自家用乗用車で車中泊する人もかなりの台数。・・・前回の日記で前の車を廃車した後しばらくノーカーでしたが、やはり不便ということ又免許証返納にはまだ早いかなというわけで、中古の高年式高走行の安い軽のワンボックスを買って、中を少しいじりました。
02.jpg

車内の様子、
窓ガラス全面にシェードを張って、室内は完全な個室空間。狭いながらも落ち着きます。
IMG_20211117_194031034.jpg

今夜の夕飯は野菜と柔らかポーク肉たっぷりの野菜ラーメン。カセットコンロを使うので換気にも気を使ってます(USBfanを利用した自作の窓用換気扇)
IMG_20211117_173756161_HDR.jpg
IMG_20211117_174604963_HDR.jpg

食後は川根温泉で温まり、車内で缶チューハイを飲みながら読書。パソコンをやろうかと思ったら、ここの道の駅はWI-FIが飛んでなかった。最近の道の駅はほとんど無料WI-FIがサービスされているんですが・・・ここは遅れてる。
IMG_20211117_200758815.jpg

ホームセンターなどで売ってるウレタンのジョイントマットに、ヨガマットに厚手の敷布を引いた上に寝袋を敷いて寝たんですが、ちょっと固かった。厚手のウレタンマットを買わないとね、次は。

ここからは大井川を渡るSLがよく見えるので絶好の撮影ポイントでもある。この日はもうSLの通行時間が過ぎてしまったので残念ながら写真にとれなかった。(下の画像は拾い)
SLO.jpg

翌日は清水の家に帰る途中藤枝市の蓮華寺公園というところでバードウォッチング。期待したほどのカモ類種類は多くなかった、散歩やジョギングしている人も多い。
Z6A_2068.jpg
Z6A_2073.jpg
Z6A_2050.jpg
Z6A_2061.jpg
Z6A_2055.jpg
Z6A_2054.jpg
Z6A_2059.jpg

次回はどこで車中泊をしようかなと思案中であります。

posted by yosi&ゴン at 14:38| Comment(5) | 日記

2021年11月21日

大井川鉄道無人駅&寸又峡の紅葉 その1

しばらく更新が滞ってしまいましたが、多少コロナのせいもありましたが怠慢でした。せめて1〜2か月に一回くらい更新していきたいと思いますので、これkらもよろしく。

ネットの紅葉情報で今見頃という記事を見つけて、早速天気の良い日に、静岡県の紅葉人気No1という大井川上流の寸又峡へ行ってまいりやした。

その1:大井川に沿って走る大井川鉄道(そのままやんか名前)
1map.jpg

ここには大井川流域に沿って大井川鉄道という私鉄が走っていますが、全国のローカル鉄道の例にもれず、ここも無人駅ばかりです。・・・大井川鉄道は本線の全20駅のうち、16駅が無人駅。支線の井川線も全14駅中11駅が無人駅である。
井川線は日本唯一のアプト式(急こう配を上るためにラック式という歯車のようなもので下がるのを防ぎながら走行する)。井川ダムを造るのに資材を運んだり大井川上流の材木を運ぶのに利用するため敷設されたが今ではその需要もなくなり、観光トロッコ列車として走っている。

今年の春に山陰地方にドライブした時も無人駅をよく見たが(ほかに青森―秋田の五能線とか愛知ー長野の飯田線とかにも多かったなあ)、なんか侘しさと旅情のあるい〜い感じです。

大井川鉄道始発駅 JR東海道線金谷駅に併設
Z6A_1938.jpg

次の新金谷にはSLの基地があって、休日やSLの運航日には多くの人が集まる。
Z6A_1939.jpg

合格駅・・・ここは縁起がいいというので受験シーズンには切符のみを買うために訪れる人が多い。(実際には乗客減で収入の減った会社が少しでも収入を増やそうと、元の名前(五和”ごか”を変えて宣伝したんですけどね)
IMG_20211117_101211114_HDR.jpg
IMG_20211117_101236362_HDR.jpg

途中の無人駅の数々
IMG_20211117_100416212_HDR.jpgZ6A_1949.jpgIMG_20211117_155430515_HDR.jpgIMG_20211117_112043742_HDR.jpgIMG_20211117_113339282_HDR.jpgZ6A_1945.jpgZ6A_1946.jpgIMG_20211117_103239089_HDR.jpgIMG_20211117_105213168_HDR.jpgIMG_20211117_101211114_HDR.jpgZ6A_1954.jpg

大井川中流域とSL(拾い画像)
IMG_20211117_101914370_HDR.jpg
943C30B2F95D4CB68D5FABF85281C7E3_LL.jpg

大井川鉄道本線の終着駅 千頭駅
鉄道マニアに人気の転車台や子供たちに大人気のトーマス号も観光シーズンには走りますが今はここで待機中。
IMG_20211117_120823637.jpg
Z6A_1957.jpg
Z6A_1956.jpg

井川線の観光トロッコ列車もここが始発。
井川ダムと井川線終点、トロッコ電車
坂ノ上025.jpg
坂ノ上027.jpg

井川線随一の観光スポット、奥大井湖上駅。この辺りは紅葉は見頃を迎えていた
。線路わきに歩道が付けられていて、歩いて渡れます。対岸からはハイキング・山登りの登山口もある。
IMG_20211117_151206303_HDR.jpg
Z6A_2037.jpg

この鉄道会社と地域の人々も大事な足としての鉄道を守るため、いろんなイベントをやっています。
ーーーーーーーーーーーー
そのうちの一つ
☆無人駅がひらくと地域がひらく。★

当プロジェクトは、静岡県島田市から川根本町を結ぶ大井川鉄道の「無人駅及びその周辺エリア」を舞台に開催する芸術祭です。
時代の流れとともに常駐する駅員が不在となり、「無人」と呼ばれる一方で、その集落の地域住民らの存在によって、その場は日々細やかに維持され、守られてきました。当プロジェクトは、駅を中核としたその集落全体を「無人駅フィールド(地域)」と捉え、アートの視点から、息づく『記憶』『風景』『営み』を掘り起こし、見つめ直す取り組みです。静岡県内をはじめ国内外で活躍するアーティストが一定期間この地域に入り込み、作品制作を行うことで、地域の魅力、時には課題をも顕在化させ、地域への気づきと交流を生み出すことを目指しています。
ーーーーーーーーーーーー

その2寸又峡の紅葉に続くZ6A_2037.jpg
posted by yosi&ゴン at 23:01| Comment(2) | 日記

2021年06月16日

6月はアジサイの季節

西日本は記録的な早さの梅雨入りでしたが、6月も半ばを過ぎ、いよいよ本格的な雨の季節。梅雨と言えばアジサイ、今年も鮮やかな花を咲かせました。病気に強く、手間いらずで育てやすいアジサイですが、思い通りの色を出すのはなかなか難しい。

期待通り鮮やかなブルーが出たのは「スターリットスカイ」「コンペイトウ」と山アジサイの「海峡」。

スターリットスカイ.jpg
コンペイトウ.jpg
海峡 (2).jpg

今年のナンバーワンは繊細な色合いと花弁に入るラインが絶妙の島根県産の名花「万華鏡」。去年挿し木した子株は花が大きくブルーが濃い。

万華鏡 (3).jpg
万華鏡 (2).jpg

アジサイの新品種は改良を繰り返すせいか遺伝子が不安定で、園芸店で買った時のように咲かないし、同じ土を使った親子でも花色の出方や花形が違う。「マジカル」と「おはよう」の親子、どちらも子の方が青色が強く鮮やか。親木も元はブルー。

マジカル.jpg
マジカルレボリューション.jpg
おはよう.jpg
おはよう (2).jpg

「てまり」に「プリンセスシャーロット」

てまり.jpg
プリンセスシャーロット (1).jpg

真っ白い「ダブルダッチ」と思いっきりハデハデな「カーリースパークル」。

ダブルダッチ.jpg
カーリースパークル.jpg

白とピンクのアメリカアジサイ「アナベル」もたくさん咲きました。

アナベル.jpg

クジャクサボテンが蕾を半分摘み取るほど豪華に、ダリアも次々花を咲かせています。

クジャクサボテン.jpg
ダリア.jpg

posted by yosi&ゴン at 21:32| Comment(6) | 日記

2021年05月14日

愛車のご臨終!

東北や山陰ほか近場の伊豆や富士山周りなど数知れず走り回った愛車のフィットシャトルが遂に廃車になってしまいました(泣)
在りし日の愛車、ホンダフィットシャトル
Z6A_1327.jpg

友人と伊豆の山へ今見頃のシャクナゲを見にハイキングと出かけたんですが、登山口へ行く途中の狭い林道で落石の石を車の底で噛んでしまい、穴が開きオイル漏れ。
レッカー車などとても入らないような狭い林道とスマホ圏外のため、慌てて麓の国道までこわごわ運転しながら下った・・・・結果的にこれが悪かったようです。
国道沿いのコンビニの駐車場に止め保険会社に電話してレッカー車の手配を頼んだ。
故障した愛車はレッカー車で保険会社の手配してくれた富士市の整備工場へ運んでもらい、連休中で修理はできないので連休後に連絡を取るということで、我々はというとレッカー車の運転手の好意で駿河湾フェリーの土肥港まで助手席に乗せてもらいました(本当は法律で同乗させてはいけないことになっているらしい)、それで地元の清水港まで。
7791.jpg
7792.jpg

結果、先日電話があり、底に10cmほどの穴が開き、クランクもイカレテいるかもしれないということと、オイル漏れの状態で3kmくらい走行したので、たとえオイルパンとパイプだけ修理しても、いつまでエンジンが持つかわからず、すぐに駄目になるかもしれないとのこと・・・普通オイル切れのその状態で900m走ったらOUTらしい。今回の場合は幸運にもエンジンの焼き付けを起こさず林道から下まで降りられた。
CCF20210511-2.jpg

中古で良いからとエンジンを探してもらい乗せ換えるとなると、エンジン42万、エンジン組み立てに載せ替え工賃15万かかると聞き修理は断念して廃車に!・・・車も10年目で古いからと諦めて納得して・・・
今の車は燃費向上で軽量化のため弱くなっているなあ、いくらアルミとはいえ金属なのにあんなに簡単に穴が開くとは。昔のように鋼板ならこんなことにはならなかったと思うのだが。

あ〜あ、3月に車検取ったばかりなのに!

皆さんも山道ではこんな石くらいは通り抜けられるなど思わず慎重にね!
普段は10回たたいて石橋を渡るような”慎重しんちゃん””謙虚なけんちゃん”なのに、こんときはイケイケドンドンで行ってしまって悲しい!もうやだ〜(悲しい顔)
posted by yosi&ゴン at 13:36| Comment(4) | 日記