2021年11月23日

大井川鉄道と寸又峡の紅葉&車中泊 その2

大井川鉄道と無人駅を堪能したのち、大井川鉄道を離れて寸又峡へ入っていきます。寸又川沿いの深い渓谷の山肌は紅葉はしているものの、少し早いかな?という感じで、記事の見頃の情報に騙されたかな?
IMG_20211117_130642715_HDR.jpg

寸又峡温泉街の入り口の駐車場に駐車料金500円なりを払って、温泉街を抜けて一番の観光スポットの夢の吊橋まで徒歩20分。周りの景色を楽しみながら歩く。平日の割には結構人がいるなあと思った。
IMG_20211117_123849980.jpg

夢のつり橋がかかっているのは、寸又川が注ぐダム湖。大間ダム湖といい、南アルプスから流れ出る大間川と寸又川の合流地点に、水力発電を目的に昭和38年に作られました。大間ダム湖に注ぐ寸又川の水は大変美しいため、光が水中深くまで届きます。その途中で、チンダル現象により赤い光は吸収されてしまうので、青い光だけが水中のより深いところまで届きます。・・・よって人の目にはきれいなエメラルドグリーンに見えるだそうです。
IMG_20211117_132922004_HDR.jpg

全長90m高さ8mのつり橋は一度に渡れる人数は10人までで、そのため橋の入り口で待ってる人の行列が20mほどで来ていた。この吊橋は一方通行のため渡ったら、もう少し上流の飛竜橋という鉄橋まで行ってまた対岸へ渡り温泉街まで戻らなければならない。
IMG_20211117_132220154_HDR.jpg
IMG_20211117_132626406_HDR.jpg
Z6A_2012.jpg
IMG_20211117_143522350_HDR.jpg

どこかで太鼓の音が聞こえているなと思ったら、今ではどこの観光地でもよく見かける猿回し。
Z6A_2028.jpg

廃校になった小学校の建物もいい感じです、懐かしい二宮金次郎像が。
Z6A_2031.jpg
Z6A_1966.jpg

寸又峡の紅葉見物後、今夜は大井川中流域にある「道の駅川根温泉」の駐車場で車中泊です。この道の駅には日帰り温泉が併設されて(しかも520円と安い)いるので人気なのか、キャンピングカーも数台泊っているほか俺のような自家用乗用車で車中泊する人もかなりの台数。・・・前回の日記で前の車を廃車した後しばらくノーカーでしたが、やはり不便ということ又免許証返納にはまだ早いかなというわけで、中古の高年式高走行の安い軽のワンボックスを買って、中を少しいじりました。
02.jpg

車内の様子、
窓ガラス全面にシェードを張って、室内は完全な個室空間。狭いながらも落ち着きます。
IMG_20211117_194031034.jpg

今夜の夕飯は野菜と柔らかポーク肉たっぷりの野菜ラーメン。カセットコンロを使うので換気にも気を使ってます(USBfanを利用した自作の窓用換気扇)
IMG_20211117_173756161_HDR.jpg
IMG_20211117_174604963_HDR.jpg

食後は川根温泉で温まり、車内で缶チューハイを飲みながら読書。パソコンをやろうかと思ったら、ここの道の駅はWI-FIが飛んでなかった。最近の道の駅はほとんど無料WI-FIがサービスされているんですが・・・ここは遅れてる。
IMG_20211117_200758815.jpg

ホームセンターなどで売ってるウレタンのジョイントマットに、ヨガマットに厚手の敷布を引いた上に寝袋を敷いて寝たんですが、ちょっと固かった。厚手のウレタンマットを買わないとね、次は。

ここからは大井川を渡るSLがよく見えるので絶好の撮影ポイントでもある。この日はもうSLの通行時間が過ぎてしまったので残念ながら写真にとれなかった。(下の画像は拾い)
SLO.jpg

翌日は清水の家に帰る途中藤枝市の蓮華寺公園というところでバードウォッチング。期待したほどのカモ類種類は多くなかった、散歩やジョギングしている人も多い。
Z6A_2068.jpg
Z6A_2073.jpg
Z6A_2050.jpg
Z6A_2061.jpg
Z6A_2055.jpg
Z6A_2054.jpg
Z6A_2059.jpg

次回はどこで車中泊をしようかなと思案中であります。

posted by yosi&ゴン at 14:38| Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
静岡県は太平洋に面し温暖、後ろは富士山に南アルプスと自然だらけで遊びどころ満載。伊豆は温泉でのんびり出来るし、住むのに最適の地域で羨ましい。

改造車は2人車中泊出来そうやし、私を富士山が見える露天風呂に連れてって。

yosi
Posted by yosi at 2021年11月23日 18:59
yosiさん

富士山の見える温泉、任せろ!竜が岳のすぐそばにあるぞ!山梨県だけれど!

ゴン
Posted by ゴン at 2021年11月23日 20:19
久しぶりに見たよ、ガイドブックより詳しい説明ご苦労さん。俺も大井川鉄道でつり橋を渡ってみたいよ。ベンツの内装もいい感じに見える、読書なんかしちゃって知らない人が見たらどこかの学者と間違えるぞ?
俺も今年は何処にも行ってない、自治会とかNPOのフードバンクとか色々頼まれてやって過ごしてます。
また、何処かに行ってレポート頼みます。yosiさんによろしく。

大塚
Posted by 大塚章二 at 2021年11月25日 15:44
大塚君

学者に見えるというより、永遠の文学青年に見えるだろう、うんうん。

今年はコロナで大変だったものな、でも埼玉にも秩父方面とかトトロの森とか、ちょっと出かけるのにはいい場所が結構あるよね。

ゴン
Posted by ゴン at 2021年11月28日 20:09
文学青年、その気持ちが大切だ?
外野から何と言われようが残り少ない人生、
我が道を進んで行ってくれ。

これからは引き算の人生だがなるべくそれを少なくしていくこと事が大事だ。

文学万年青年これからも色々な所に行って見聞を広めてくれ。

大塚
Posted by 大塚 at 2021年11月29日 10:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: