2021年06月16日

6月はアジサイの季節

西日本は記録的な早さの梅雨入りでしたが、6月も半ばを過ぎ、いよいよ本格的な雨の季節。梅雨と言えばアジサイ、今年も鮮やかな花を咲かせました。病気に強く、手間いらずで育てやすいアジサイですが、思い通りの色を出すのはなかなか難しい。

期待通り鮮やかなブルーが出たのは「スターリットスカイ」「コンペイトウ」と山アジサイの「海峡」。

スターリットスカイ.jpg
コンペイトウ.jpg
海峡 (2).jpg

今年のナンバーワンは繊細な色合いと花弁に入るラインが絶妙の島根県産の名花「万華鏡」。去年挿し木した子株は花が大きくブルーが濃い。

万華鏡 (3).jpg
万華鏡 (2).jpg

アジサイの新品種は改良を繰り返すせいか遺伝子が不安定で、園芸店で買った時のように咲かないし、同じ土を使った親子でも花色の出方や花形が違う。「マジカル」と「おはよう」の親子、どちらも子の方が青色が強く鮮やか。親木も元はブルー。

マジカル.jpg
マジカルレボリューション.jpg
おはよう.jpg
おはよう (2).jpg

「てまり」に「プリンセスシャーロット」

てまり.jpg
プリンセスシャーロット (1).jpg

真っ白い「ダブルダッチ」と思いっきりハデハデな「カーリースパークル」。

ダブルダッチ.jpg
カーリースパークル.jpg

白とピンクのアメリカアジサイ「アナベル」もたくさん咲きました。

アナベル.jpg

クジャクサボテンが蕾を半分摘み取るほど豪華に、ダリアも次々花を咲かせています。

クジャクサボテン.jpg
ダリア.jpg

posted by yosi&ゴン at 21:32| Comment(6) | 日記
この記事へのコメント
まさに大西家の庭は百花繚乱、見事です。紫陽花は土によって色合いが変わるのが面白い、我が家の金平糖はピンク色だが、そっちは綺麗な青が出てるね、プリンセスシャーロットも微妙なグラデーションがとても良いな。
いったい紫陽花だけで何種類あるの!!

こんどは華やかな万華鏡をくれい!

ゴン
Posted by ゴン at 2021年06月17日 10:29
ヨッシャー!万華鏡・プリンセスシャーロット・スターリットスカイなど挿し木して養子に出すので、乞うご期待。山仲間やお隣さんからも希望があります。
アジサイの種類は25種類程かな、4月ごろ園芸店やホームセンターで新品種が並ぶと、つい衝動買いしてしまう。

yosi
Posted by yosi at 2021年06月17日 11:29
yosiさんの家のアジサイ色々あって奇麗ですね、
また、サボテンの花の赤も綺麗です。
こっちはゴーヤのツルが今伸びてます。

大塚
Posted by at 2021年06月22日 10:09
大塚さん

何が切っ掛けでアジサイを育てるようになったのか記憶が定かで無いけど、多分7〜8年前に知人から一鉢貰ったのが始まりで、育てやすく色合いが気に入ったのと花を長く楽しめるので、いつも間にかアジサイの鉢だらけになってしまいました。

緑のカーテンにとゴーヤを3年ほど植えたことがあるけど、花はたくさん咲いても毎年実が2・3個獲れるかどうか、当初の目的は収穫で無いけどガッカリ。キュウリも同じく野菜を育てるのは、なかなか難しいですね。

yosi
Posted by yosi at 2021年06月23日 21:46
yosiさんゴーヤは手間いらずで簡単ですよ。
夏になると毎日採れます。
それをすりおろして牛乳と一緒に飲むのです。
ビタミンCが豊富で体にも良いですよ。
毎年これをやってるので元気です。

今月の下旬にワクチン接種の予約をとったので行って来ます。

大塚
Posted by at 2021年06月24日 13:15
大塚さん

ゴーヤは簡単と言うけど、何が間違ってるのか葉が茂っても上手く実らない。ゴーヤの苦みは好きなのに。毎年、お隣さんがおすそ分けしてくれるので玉子と豚肉のチャンプルーにしたり、牛乳とミキサーにかけて飲んでます。

おれは1回目のワクチンは6月11日に終えて、2回目は来週2日金曜日です。

yosi
Posted by yosi at 2021年06月26日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: