2020年08月13日

陸奥一人旅その1

どういうわけか、陸奥一人旅に出かけたワタクシであります。
30日夜、俺は一路東北目指して東名高速へ。
さすがに朝まで走り続ける体力気力はなく、途中の神奈川厚木PAで最初の車中泊。ところが乗用車ゾーンまで侵入して止めているトラックが、エンジンをかけたまま運転手が寝ているので、煩い事この上なく、寝られたもんではありませんでした。

翌朝、高速に乗る前にコンビニで買っておいたお握りとお茶で軽く朝飯を済ませ、出発。一時間おきに休憩を取りながら一気に岩手県花巻市まで北上。今夜の宿は「道の駅とおわ」日帰り温泉が併設された静かでいい場所です。車中泊しても文句は言われない・・・たまに車中泊お断りの道の駅がある。

次の日は民話の里、遠野へ。柳田国男記念館とかとおの民話の館などを見学。真新しくて有難みの少ない蔵の町などが出来ていた。
Z50_0510.jpg
Z50_0507.jpg
Z50_0525.jpg
Z50_0534.jpg

次に盛岡へ寄ったが、あまり見るべきところなさそうなのでマクドへ寄ってWIFIやって、昼食。今日の車中泊地をネットで探して陸奥小川原湖畔の「道の駅おがわはら」に決定。ここも日帰り温泉が隣にあり傍に交番もあって安全!昨日の日帰り温泉は600円だったがここは300円と安い。ただし石鹸類は無し。
Z6A_0618.jpg

3日目は恐山目指してさらに北上。無料の高速道路はあるし、道はがら空きで快調。恐山に近づくとあたりに硫黄の匂いがしてきた。恐山のイタコはどこにいるんかい!?寺には生臭坊主が入山料を徴収しておった。
山門の両側に温泉小屋がある。緑がかった白い濁り湯、誰も入っていない。左後方に何々地獄というのが広がっていて巡るようになっているが、どれも別府や箱根や雲仙に比べるとしょぼい、しかもあちこちに10か所以上も菩薩や明王、仏の石像が建てられていてその前に全てお賽銭箱を置いてある。こんな強欲な寺では後利益などあるはずもない。
Z6A_0634.jpg
Z6A_0679.jpg
Z6A_0653.jpg
Z6A_0646.jpg

恐山を後に断崖奇岩の仏が浦へ。駐車場からの下って浜へ降り、また駐車場へ登り返すのがえらかったなあ、大汗かいた。
Z6A_0706.jpg
Z6A_0711.jpg

次に向かったのは下北半島&本州最北端であり、一本釣りのまぐろ(高価)で有名な大間へ行ってきました。今日はここの民宿海翁へ一泊することに、連日車中泊では老体が持たないもんね。急遽ネットで調べて電話をしたのだが。快く泊めていただいた。ただ夕飯は間に合わないとのことで他で食べてくるように言われたが、朝飯は有り、でも泊り客は俺一人だったようでなんだか申し訳なかった。急な申し込みにもかかわらずとても感じの良いおかみさんで、夜頼んだビールはサービスでタダにしてくれた上、乾燥ヒジキのお土産までもらってしまった。
Z6A_0720.jpg
Z6A_0722.jpg

コロナの影響か?他県ナンバーの車があまり見なかった。GOTOキャンペーンにもかかわらず自粛しているのかな?

運転し続けで血流が悪くならないように、良さんではないが俺もふくらはぎサポーターをして運転しています。
Z6A_0619.jpg

posted by yosi&ゴン at 13:44| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
10年ほど前に恐山に行ったことがあるけど、天気が良い日やったせいか、やはり名のようなおどろおどろしさは無く、無理やりそういう雰囲気作りをしてる様子で拍子抜け。もちろん、イタコの姿は無し。木造の檜風呂が良かった。

yosi
Posted by yosi at 2020年08月13日 19:12
良しさん
あの桧風呂の温泉は良さげな濁り湯だったけれど、観光客から丸見えで恥ずかしくて、入られないぞ😱

Posted by ゴン at 2020年08月13日 22:10
さすが清水の次郎長、よく青森の最北端まで1人で車で行ったもんだ。俺なんてまねできないよ。
俺も7〜8年前下北(駅)に行った事がある。
旅日記書くだけでも大変だろうが観てるのは俺とyosiさん位だから面白可笑しく書いてくれ。

さいたま市は昨日と前の日に雷オンパレード今まで経験した事の無い大雷だった。

大塚
Posted by at 2020年08月14日 10:16
大塚君
東北はもっとこまめに回ればいいところ多いよね。
今年も猛暑で大変だよな、東北を廻っていたときは日中30度を超えることはなく、夜も車の中が厚くて寝苦しいことはなかった。

爺さんの国内の一人旅では、あまり面白い話も無い!
ゴン
Posted by ゴン at 2020年08月14日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: