2019年11月14日

パリ・バルセロナの旅 その3(バルセロナ)

初日:パリからの飛行機が真夜中にホテルに着いたので、本日午前中は休養ということで自由行動。
ひとりはホテルに滞在していたが、男3人は朝から元気で朝食後ホテルの近くを散策に出た。
まず歩いて10分くらいの旧市街と新市街の境にある、商業地区の中心部カタルーニャ広場へ。大きな噴水とだだっ広い円形広場がある。
そこから港の方面に伸びるランプラス通りには屋台やレストラン、市場などが広がり、北の方面にはガウディ建築のビルや高級ブランド店が並ぶグラシア通りという広い道である。
 IMG_20191031_094340.jpg
IMG_20191031_101521.jpg
IMG_20191031_095600.jpg 
IMG_0850.jpg

午後から予約してあったサクラダファミリアヘ行く途中昼飯にと、ここで一番有名なラーメン店へ寄ったが開店30分前に10m以上の行列だった。
(スペインは昼・夜の食事時間が遅いので開店時間も遅い)とりあえず並んだものの予約時間に間に合いそうもないので、すぐ近くの和食バイキングの店へ、「豊」という名前だったがどうも経営者は中国人のようだ)。そんなに高くなく味も(寿司もある)結構いけた。

そこから歩いて15分ほどのサクラダファミリアの前は人出でいっぱい。そのため入場には事前に予約が必要(15分間隔で人数制限している)。前面の彫刻群には圧倒される。内部も人がいっぱいで早速日本語音声ガイド(入場券に含まれる)を借り、内部をざっと見てこれまた事前予約の必要な「受難のファサードの塔」へのエレベーターの列に並んだ。塔の上部からのバルセロナの景色を楽しみ、らせん階段をところどころ見学しながら下まで降り、今度はゆっくり教会に内部や外の彫刻レリーフ群を堪能(上を見上げているので首が痛くなる)。
IMG_0862.jpg
IMG_20191031_143921.jpg
IMG_0884.jpg
IMG_20191031_154638.jpg
IMG_0874.jpg
IMG_0878.jpg

夜は期待のフラメンコショーである。食事も一緒に頼むと、優先的に一番前の席に案内してくれるというので、それで予約した。食事はまあまあだったが目の前で見るフラメンコの迫力は素晴らしかった。
IMG_20191031_191257.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=4F9zBtptfpc&list=UU8VZB8P5nIc4U2t39LzEkyQ&index=1



2日目:ガウディ建築の見学と市内散策。
グエル公園・・・坂の中腹にある見晴らしの良いところにある。当初は分譲住宅地として開発されたらしいが誰にも売れず、結局ガウディと依頼者のグエルだけが住居を構えたらしい。そのおかげで今では立派な観光収入のある公園として役立っているわけだ。
DSC01740.jpg
DSC01719.jpg
IMG_0356.jpg
IMG_0901.jpg

カサ・ミラ(ガウディ)
1280px-Casa_Milà,_general_view.jpg
IMG_0923.jpg
IMG_0926.jpg

ガウディ他の建築家による建物群
DSC01745.jpg
DSC01748.jpg
IMG_20191101_174305.jpg
 
昼飯に昨日食べ損ねたラーメンを食べに、ネットで検索して見つけたラーメン屋をうろうろ歩き回ってやっと見つけたラーメンや「匠」・・・味は日本で食べるラーメンとそん色なしだが、ここは料理人が韓国人か中国人見たい? 最初の行列のできるラーメン店は経営者も作る人も日本人だった。
DSC01769.jpg
フランスで食べたフランス料理が不味かったのと、日本食が早くも恋しくなった他のメンバーのために2日続けて和食店に行ってしまった。

港にあるコロンブスの像、腕の先に指さしている方向は、金銀財宝を略奪、先住民虐殺し放題をした新大陸の方向。
IMG_20191101_173613.jpg

3日目:バルセロナ郊外の人気観光地モンセラットの丘(修道院があるほか気軽なハイキングコースもある)
朝鉄道駅のあるスペイン広場へ行くと、コスプレした若者などが大勢集まっていたので何かと思ったら、なんとか35周年記念の漫画集会が開かれているらしい。
漫画ナルトの主人公の格好でポーズをとる若者
IMG_0932A.jpg

モンセラット麓の駅までカタルーニャ鉄道で行き、そこからロープウェイまたはケーブルカーで登る。地元の中学生らしきグループが引率されてリュックをしょって麓から歩いていくようだった。日本の中学生より外観が大人びている。
我々は老人なので勿論ケーブルカーで行きました。
DSC01784.jpg
DSC01803.jpg
DSC01786.jpg

有名なパワースポットである、修道院内の教会内に安置されている「ブラック・マリア」・・・元は白っぽかったそうだが長年信者の手で撫でくり回されて黒くなったそうだ。それでいまではガラスに覆われて、幼子のキリストの手の上の玉の部分だけが触ることができる。
長い行列ができていたが、勿論俺もブラック・マリアの前で跪いて撫でなでしてきましたよ。・・・日本に帰って早速宝くじを買っちゃいました、ご利益ありますように・・・。
IMG_0943.jpg

そこから出てくるとちょうど13時の讃美歌の合唱時間だったので、ちょい覗いてさわりだけ聞いてきた・・・昼飯と帰りの時間が迫っていたので。
ウィーン少年合唱団のようなまだ小学生くらいの年齢の声は清らかで素晴らしい。・・・ちなみに、だみ声・しわがれ声の良さんも小学生の時は透き通った高い声で、合唱をやっていたというが・・・おおいに疑問である。
IMG_20191102_130434.jpg

ホテルに戻り空港へ、19:30発の飛行機でパリで乗り換えた後、羽田空港へ翌日の19:05着の飛行機で無事帰ってきました。
今回は時差ボケがなかなか取れず苦労しました。時差ボケは地球を(5時間以上)東から西に行くより逆の西から東へ向かうほうが酷いそうですね。元からボケている人は良いんだろうなあ・・・・
posted by yosi&ゴン at 11:53| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
サクラダファミリアの内部は、色彩に溢れた太陽の塔のケバケバしさとは似ても似つかんけど、上に登っていく丸い柱が直感的に太陽の塔の内部と似てると思った。岡本太郎はアイディアをパクったんやろか!は考え過ぎ?
どこの国も国民の生活は貧しくとも、教会は金銀財宝を使った装飾を施し、絵画・像を飾り立ててるのに嫌悪を感じる。

yosi
Posted by yosi at 2019年11月14日 20:38
そういえば太陽の塔内部はけばけばしかったなあ。サクラダファミリアの内部は、もっと明るくて窓やステンドグラス越しの明かりが柔らかくて素敵だったよ。
あの柱は森の木をイメージしたデザインと同時に、天井の重力を支える設計になっているらしい。
モンセラットの丘のもう一段上にケーブルカーで行ってハイキングしてみたかったな。

ゴン
Posted by ゴン at 2019年11月15日 11:27
随分色々なところに行ってるな、
バルセロナの有名な建築物を見学できるなんて羨ましいよ、フラメンコショーはいいなー、俺も聞きたいよ。
俺は海外は無理なので先週四万温泉に行ってきた。湯量も豊富で今まで行った温泉のなかでも風情もあって良かった、また紅葉が色を添えてくれて奇麗だった。

大塚
Posted by at 2019年11月18日 09:53
大塚君
なんで海外は無理なの?病気体調かなんか?
大宮からは北関東上越のいい温泉が手近でいいね。

ゴン
Posted by ゴン at 2019年11月19日 15:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: