2019年06月09日

初夏、4度目の入笠山

希少故に幻の花と呼ばれる「アツモリソウ」を始め、山野草の宝庫である長野県富士見町の入笠山を歩いて来ました。メンバーは元職場の山仲間10名。おれは今回で4度目、ガイド役のゴンさんは7度目かな?

IMG_7928.JPG
IMG_7929.JPG

ゴンドラで一気に1,780mの終点駅まで上がると、スズラン畑が広がる。目の前にデンと構えるのは八ヶ岳連峰と麓の原村。

八ヶ岳.jpg

スズランはまだ咲き始めながら、期待のアツモリソウ(正式名・釜無しホテイアツモリソウ)は、そのユニークでユーモラスな姿を披露していた。

アツモリソウ.jpg
スズラン.jpg

入笠湿原の可憐で清楚な山野草達、お馴染みの水芭蕉と山芍薬。

水芭蕉.jpg
山シャクヤク.jpg

延齢草とツバメオモト・原種サクラソウ・マムシグサ。
今年は山の春が遅く、花盛りには早過ぎたけど、新緑が目に染みる湿原でした。

延齢草.jpg
さくらそう.jpg
マムシグサ.jpg

山荘に泊まって翌日は入笠山(1,995m)登山。薄曇りが残念やったけど、頂上は八ヶ岳・中央アルプス・南アルプス・北アルプス・御岳など3,000m級の高山が広がる360度の展望。日本100名山の内、22座が望める場所である。
上の画像は乗鞍岳、下は中央アルプス。

乗鞍岳.jpg
中央アルプス.jpg

三角点で全員集合。

鉢伏山 (16).JPG
入笠山 (10).jpg

大阿原湿原を一巡り。

大阿原湿原.jpg

三日目は北八ヶ岳の麦草峠から白駒池を散歩。霧に煙った湖畔の風景が幻想的。

鉢伏山 (10).JPG

麓の道の駅でブルーと緑の変わったアジサイを見つけ、思わず買ってしまった。その名も「マジカル」。

ハイランドジア・マジカル.JPG

爽やかな初夏、2拍3日の山行でした。
yosi
posted by yosi&ゴン at 18:56| Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
俺は6度目だよ。春夏秋冬いずれも行ったけど、それぞれ良い。あの山小屋も感じいいしね。
今回天気は曇りがちだったが、山頂ではほんの数分霧が晴れて、雪の残る山々が見えたのは良かった。(誰かさんのおかげ??)

ゴン
Posted by ゴン at 2019年06月10日 08:36
ゴンさん

入笠山は登りやすく展望良し。そのうえ野草の花畑ありで、グリコや無いけど、一粒で3度美味しいというところ。毎年でも登りたい。

yosi
Posted by yosi at 2019年06月16日 19:09
yosiさん 今回は一週間花の時期に早かったね、天気もイマイチ。コマクサでもまたいつか再挑戦してくれ、今回いけなかった人もいるし・・・

ゴン
Posted by ゴン at 2019年06月16日 22:44
俺も行ってみたい入笠山。
何回も行っていると言う事は余程良い
山なのですネ。

草花撮影にyosiさんの優しい気持ちが表れてます
(少しヨィッショしてしまった)

大塚
Posted by 大塚 at 2019年06月20日 15:23
大塚さん

ヨイショ大歓迎!気分いい。
入笠山は手軽に登れて、下界では見ることが出来ない珍しい野草の宝庫、そうのうえ展望良し、何度行っても飽きない山でチョーオススメ。今回、埼玉の所沢から参加したメンバーが、少し渋滞があったけど3時間でロープウェイの駐車場に着いたと言ってました。
大宮からなら朝早く出れば日帰りでも登れる山なんで、一度ゴンさんに案内して貰って下さい。

yosi
Posted by yosi at 2019年06月21日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: