2019年04月13日

さくら・サクラ・桜を探して

3週間前の大阪の桜の満開予想は4月4日。そこで、所属する山の会恒例の花見ハイキングは少し前から4月3日に万博記念公園と決めていた。東西線野崎駅前に10時集合し、車で40分程で公園東口駐車場に到着。夜行バスで早朝に来阪し、先に入園していた護音さんを含め総勢12名。
前日までの花冷えで開花が遅れた桜は2〜3分咲きと言ったところ。画像では5分咲き位に見えるけど、まだ蕾が多い。

kjh.png

樹々を上から見る森の空中散策路が面白い。

oan.pngzmk.pngakb.png

色んな野鳥が森を棲み家にしているが、巣立ったばかりの可愛いキツツキの幼鳥。

okh.png

太陽の塔の背中を見たことありますか。

kzv.png

ネット予約しておいた太陽の塔内部の見学(入場料700円)は今回万博公園を選んだ大きな理由。芸術は爆発だ!の岡本太郎の不思議な世界に目を見張った。

miu.pngioz.pngzkmn.png

岡本太郎自筆の太陽の塔の下書に忠実に、塔は再現されている。

mkb.png

翌4日はゴンさんと城下町の丹波篠山へ。ここは39才の初マラソンから膝を痛めてフルマラソンが走れなくなった55才まで連続16回完走した思い出の地。
篠山城跡の桜は咲き始めたばかりで殆ど蕾、全く期待外れ。せっかく、城と桜に合うよう羽織に足袋と下駄の和陽折衷ファッションを用意したのに。城門付近の1本だけ開花宣言程度。

zta.pngkgaz.png

丹波の名産は何と言っても黒豆。グラッセは旨そうやけど、小さな袋入りが1000円とえらい高くて買えない。

nox.png

何でも遺産の日本遺産に指定されているデカンショ節は篠山市発祥の民謡。

kong.png

最終訪問地は訪れたいと思いながら一度も行かなかった西宮市の夙川。川の両岸2.8`に渡って1660本の桜並木が続くという、桜100選にも選ばれている名所。

kz.png

夙川も開花には早く3分咲き程度ながら、若いカップルを中心に人出はそこそこ多い。浅い川の両岸に設けられた遊歩道がいい。満開時の拾い画像、この景色を見るにはあと4〜5日先です。

kh.pngmay.png

少し早すぎた桜探しのドライブ。
この後、乗り鉄ゴンさんは青春18切符を手にJR西宮駅から尾道へ向かいました。

yosi
posted by yosi&ゴン at 20:43| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
万博公園があんなに広くて動植物が豊富だとは思わなかったね。万博が開催されていた時の面影は、太陽の塔と日本庭園だけだったな。
太陽の塔の内部は見ごたえ充分、良かった。

ゴン
Posted by ゴン at 2019年04月13日 21:40
花博の鶴見緑地公園は、まだ咲くやこの花館やいのちの塔、中国館他パビリオンの一部を残してるけど万博公園で当時の施設を残してるのは太陽の塔くらい。ジェツトコースターの死亡事故で遊園地も無くなってしまったし。しかしながら緑が一杯の公園としては西日本最大級。全部歩こうとすれば一日がかりで、桜や紅葉の時期は多くの人で賑わいます。
今回楽しみにしてた太陽の塔内部は想像以上の面白さで、岡本太郎の独創性と色彩感覚に改めて感激しました。

yosi
Posted by yosi at 2019年04月13日 22:30
yosiさんが昔マラソンランナーだとはビックリしました。羽織姿が見られないのが残念です、何か1人変なヒョットコ踊りをしているオジサンがいますが?・・・・,お友達ですか・・・・?アッ失礼清水のゴンさんですか ドーモドーモ、お元気そうでなによりです。

大塚
Posted by at 2019年04月15日 10:08
大塚君も相当老眼が進んでいるようだなあ!
Posted by ゴン at 2019年04月15日 14:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: