2018年08月10日

夏だ暑い、そうだ谷川岳へ登ろう!


前日水上温泉にある道の駅で車中泊。朝寝坊してちょっと遅れてしまったが朝飯を済ませ顔と歯をサッサーと磨いてロープウェイ駐車場へ。8時から運行の谷川岳ロープウェイの駐車場はロープウェイ利用者なのに料金500円をとる¥けしからん。往復2060円。
180902-202412_R.JPG
180902-203624_R.JPG

まあまあの好天、標高1350mの山頂駅はさすがに涼しい。8:36出発
道中は結構な急な岩がゴツゴツした上りがあり、鎖がかけられているところも何か所か。汗をかきかき上る途中の一服時、爽やかな涼風が気持ちい〜い!途中の高山植物の可憐な花たちも疲れを癒してくれる。
180902-204855_R.JPG
180902-203925_R.JPG
180902-215639_R.JPG
180902-215656_R.JPG
180902-230655_R.JPG
180902-214319_R.JPG

ーーー肩の小屋10:46着。充分日帰りできる時間ではあるが、たまには山の上でのんびりするのも好かろうと思いこの小屋へ宿泊することにした。本当は要予約なのであるが平日で混雑していなかったので泊めてもらえた。
180902-225327_R.JPG

荷物を小屋に置き早速山頂を目指す。今回はたいして重くない荷だが、それでも荷がないと登りも大楽ちんであるし、また肩の小屋からは標高差100mもないからね。双耳峰の山頂の一つトマの耳(11:00)
次にオキの耳(11:14)までの道も足取り軽い。往復して小屋へ11:40着。途中目を疑う光景に、なんと赤ちゃんを胸に抱いて登っている夫婦(もう一人幼児を連れて)に出会った。まだ脳が発達途中の乳児に2000mとはいえ地上より酸素の薄い高地に連れてきて悪影響は??いいんだろうか?自分らの楽しみ優先で子供をこんな山(大人でも危険なところもある)に連れてきた親の顔をじっと見てしまった。
180902-225916_R.JPG
180802-110006_R.jpg
180802-112604_R.jpg
180902-232225_R.JPG
DSC01046.jpg
180903-023050_R.JPG
180902-233615_R.JPG

一応チェックインは2時ということなので、中に入れてもらって食堂で昼食をとり、山の漫画などを見てのんびり過ごした。コーヒー400円缶ビール500円は仕方ない。運び賃込みですね。丁度休憩中ヘリコプターを使った荷下ろしがあった。いまはどこでも人力のボッカなんてしないんだね。
今夜の宿泊客は5人グループと4人グループと単独俺の、計10人。4人グループと同じ部屋になり、誘われて食堂でビールなどを飲みながら雑談。このグループはみな70歳前後で俺と同世代で、はるばる広島県から来たという。しかもロープウェイを使わず麓から歩いて上ったという大した老人でありました。7時間半かかったそうです。ハ〜ご立派!
この小屋は1泊2食付きで7500円と今時の山小屋にしては安い。その分9000円も取る北アルプスの山小屋に比べ設備はお粗末ですが・・・。
180802-175120_R.jpg

管理人さんは話し上手な人。30人くらい収容のこの小屋を普段は一人で切り盛りしているとか。
6時夕食後何もすることがないので、同部屋の人と少し雑談して早めの就寝。トイレは外にしかなく、夜小便に起きて出るとあたり一面の霧、風が強く寒かった。

朝5時ころからの人声でややうるさかったが6時の朝食を済ませ、これから山頂を目指しさらに奥の山頂(一ノ倉岳)を目指すという同部屋の元気老人を送り出し、俺は天気が良ければもう一度山頂往復するつもりだったのだが、20m先が見える程度の濃い霧がなかなか晴れそうもないので、7:12下山することにした。
8:46ロープウェイ山頂駅到着。8時のロープウェイにて登ってきた人とすれ違った時、もう登って降りるんですか??と驚いて聞かれたが「小屋泊りです」というと納得していたが、ちょっと考えればその時間に往復できるわけがないとわかるだろうが〜〜〜!・・・ロープウェイを使わず深夜麓から歩けば可能かもしれませんがね。俺には無理無理。
下りのロープウェイからみた谷川岳山頂付近はまだ霧の中
180903-205211_R.JPG

下山後、車で30分ほどの宝川温泉という渓谷沿いの素晴らしい露天風呂があるところで汗を流し、昼食(五目釜飯定食を頼んだのだが失敗、不味い)。
渓流沿いに4つの露天風呂が並ぶ。大きくて開放感があって外国人観光客に人気だとか。混浴なので女性はバスタオルや湯用着の着用OKだが、外人の男や日本人の若者までがバスタオルを巻いて入っていたのには??年配の方はみんな普通のタオルで前を隠すだけでした。・・・一応女性客もいたので。
180803-111057_R.jpg
180803-110633_R.jpg

またまた長い一般道路を清水の自宅まで(287km)休み休み運転して九時ころ帰宅、疲れた〜!
posted by yosi&ゴン at 20:33| Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
谷川岳は夏の同じ時期に1度登ったけど、登山口からずっと雨で頂上も霧雨で視界最悪、なんにも見えない。高山植物が花盛りの時期なのに見る余裕も無い、登山道が険しかったかどうかも覚えてない。なので谷川岳の印象は何も無し。
谷川岳は魔の山・死の山と呼ばれ、世界一遭難死が多い山。昔は一の倉沢のロッククライミングで毎年のように滑落死があったけど、最近は事故を聞かない。ボルダリングブームで本物の岩登りをする若者が少なくなったんかな。

yosi
Posted by yosi at 2018年08月11日 18:00
ボルダリングは街中で出来るところがあるし、今どきのおしゃれ感覚で人気があるのかな?
重い荷を背負って、岩場までのアプローチを考えると大変な思いなどしたくないのかもしれないね。
良さんは若いころ岩登りはやらなかったのか?

ゴン
Posted by ゴン at 2018年08月12日 10:14
今年の猛暑には参ったマイッタ。俺は体は丈夫だが1つの病が不眠症だ、一日3時間位しか寝むれない、(昔からだ・・・)
毎日睡眠薬を飲んでも3〜4時間位の睡眠だ。

俺も行こうと思ってる谷川岳だがまだ行ってないが
大変参考になったョ。俺にも行けそうだな、今度行くよ・。
宝川温泉に行ったみたいだけど水上から山道を良く走ったなー。俺も春に仲間と水上からバスで行ったけど半数以上が外人客で人気の温泉だ、秋の紅葉にはまた行きたいね。
この猛暑も後少しの辛抱、秋にはまたゴン号で何処かに行っくれ、
歳なんだから余り無理するな、痴呆の方はまだ大丈夫か(逆走なんかスルナヨ)・・・?   
大塚

Posted by 大塚 at 2018年08月22日 15:10
追伸

スルガ銀行に預金してるのかな?
危ないみたいになってきたので注意してくれ。

大塚
Posted by 大塚 at 2018年08月23日 10:02
大塚くん
宝川温泉の露天風呂は渓流沿いにあって明るく広くて雰囲気いいね。俺が行ったときはまだ、午前中のせいかどうか分からないが空いていたので、更に良かった。
スルガ銀行とは取引なし、ご心配有り難う。
Posted by ゴン at 2018年08月23日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: