2018年02月23日

バンコク・アンコールワットの旅 その2(アンコール編)

シェムリアップ空港は平屋建ての小さいがこぎれいな空港。入国手続きを済ませて出口へ向かうと、ホテルのピックアップサービスの人が待っていてツクツクでホテルまで連れて行ってくれます。
IMG_1751-1024x768.jpg

このホテル、中心部にあってマーケットやPUBストリートにも近いのにコスパ抜群です。・・・トイレ・シャワー・冷蔵庫・TV付きのツインルームが29ドル/部屋。プールやWIFIもあり清潔で毎日シーツタオルを変えてくれます。
チェックインは3時からなので、その間に明日からの観光の手配と遅い昼飯をホテルのレストランでとり、が・・・味は”なんだこりゃ?”てなもんで俺が頼んだカレーも他が頼んだカンボジア風チャーハンも甘くて閉口!
部屋に入ってシャワーを浴びて着替えをして一休み後、すぐ近くのナイトマーケットへ。
シェムリアッフ (3)_R.jpg

冷やかしで店を覗いて声をかけたりしたらもう大変。これはどうだあれはどうだと次々土産品を勧めてくる。買わないと言ってもいくらなら買う?一つで値段がこれこれだが五つならこの値段だ**と商売熱心さにたじたじ。買い物は最後にしようと思ったがつい一個買ってしまった。(木綿のマフラー)
ホテルへ戻ってから同じレストランでもう一度別の料理を頼むが、またまた失敗であった・・・もうここでは食わないぞと皆で話す。明日は早いので部屋へ戻り早めの就寝。

二日目はアンコールワットからの日の出を見るために、4時起き4時半出発。手配のツクツク(4人乗り3輪車タクシー)で入場チケット売り場へ行くが、薄手の長袖シャツを着てきたのだがそれでも”寒い!!”ライトダウンアウターも着て来ればよかったと思ったが後の祭り、ホテルへ置いてきた。
チケット売り場は観光客の行列ができていたが、一日券用の窓口は混んでいたが三日券用の窓口はその1/3以下。一日観光で済ませる人が多いのだな、じっくり見どころ多いのにもったいない。・・・一日券37ドル、三日券(1週間有効)62ドル、七日券(一月間有効)72ドル
アユタヤ (53)_R.JPG

以前と同じように、日の出を見たらいったんホテルへ戻り朝食、一休みしてから観光へ出かけると思っていたら、ツクツクの運ちゃんはそのまま遺跡巡りをするという。仕方なく案内された現地の食堂で朝食をとり観光を続けることに。
アンコールワット・・バイヨン寺院・・タケオ寺院・・タプローム寺院・・バンティアクデイ寺院・・スラスラン寺院と巡り、朝は十分見学しなかった(というより一旦帰ってまた来るつもりだったので)アンコールワットへもう一度戻って観光し、昼過ぎホテルへ。初日は朝早いのでこれくらいにして街のレストランで昼食(ホテルより安くて美味しい/一品2〜3ドルくらい、ビール0.5ドル、果汁生ジュース1ドルくらい)。
アンコールワット朝陽 (9)_R.JPG
アンコールワット朝陽 (12)_R.jpg
バイヨン (27)_R.JPG
バイヨン (15)_R.JPG
Banteay Kdei寺院 (6)_R.JPG
TaKeo寺院 (20)_R.JPG
TaKeo寺院 (10)_R.JPG
TaKeo寺院 (6)_R.JPG
Ta-Plom寺院-(27).jpg
Ta-Plom寺院-(28).jpg
Sras Srang_R.JPG
アンコールワット (26)_R.JPG
アンコールワット (27)_R.jpg
アンコールワット (37)_R.jpg
アンコールワット (1)_R.jpg

砂埃まみれの体をシャワーを浴びてさっぱりとして一休み・・・・平均年齢65歳だからね。
屋台のロールアップアイスや揚げ餅のような食い物を買い食いしながらマーケットを冷かし歩く。昨日買ったマフラーと同じようなものはそこらじゅうの店で売っているのだが、悔しいことに後からのほうがどんどん安く買えた。昨日5.5ドル、今日4ドル。
親子でやってるロールアップアイスの屋台。息子のほうが断然手際が良く上手。
シェムリアッフ (15)_R.jpg
シェムリアッフ (1)_R.jpg

三日目は遅めの10時出発で、プレアカン寺院・・ニァックポアン寺院・・タソム寺院・・イーストメボン寺院・・アンコールトム王城内 と観光、最後は夕陽を見に再びアンコールワットへ。
Inkedシェムリアッフ (7)_R_LI_R.jpg
InkedPreah Khan寺院 (12)_LI.jpg
Preah Khan寺院 (7)_R.JPG
Ta-Som寺院-(4).jpg
Ta-Som寺院-(11).jpg
East Mebon (7)_R.JPG
East Mebon (12)_R.JPG
Neak Poan (14)_R.JPG
Neak Poan (10)_R.JPG
アンコールトム (2)_R.JPG
アンコールトム-(22).jpg
アンコールトム (17)_R.JPGアンコールトム (20)_R.JPGアンコールワット夕陽-(5).jpg

四日目は完全休養日でみんなのお土産お買い物。俺はそんなに買わないが友人達は子供・兄弟・ご近所・会社関係と買うわ買うわ・・・(元同僚の勤め先の社長がそれぞれお小遣い1万円をくれたそうな、いい会社だなあ)
街のあちらこちらにある店で疲れた足をマッサージしてもらい、何の効果があるか知らないがテレビで見たことがある足を小魚に突っついてもらうというやつもやった。
Inkedシェムリアッフ (10)_R_LI_R.jpg
シェムリアッフ (11)_R.JPG

最終日は8時前にチェックアウトして荷物をフロントに預け朝食を食べに出てまた戻り、今日は遠出なのでツクツクではなくタクシーで出発。
今日訪れるバンティア・スレイ寺院とベンメリア遺跡はシェムリアップ中心部からそれぞれ40〜50kmくらい離れたところにあります。

バンティア・スレイ・・・赤砂岩に彫られた東洋のモナリザとも呼ばれるデヴァター像や精緻なレリーフ群で有名な他のアンコール遺跡と比べこじんまりとしたかわいい遺跡です。
Banteay Srei (28)_R.JPG
Banteay Srei (21)_R.JPG
Banteay-Srei-(13).jpg
Banteay Srei (12)_R.JPG

バンティア・スレイからベンメリアへ行く途中、あやや車が故障。急遽近くの地雷博物館で見学しているうちに部品を取り寄せて修理することに。1時間ほどで無事終了、よかった・・・・運転手も観光を半分で辞めたら金が半分になっちまうので一安心の様子。
Aki Ra というカンボジア兵士がコツコツと地雷除去をやったのを表彰記念して作られました。日本のTV局の取材の模様のビデオが見られます。シェムリアップの町にも地雷で足などを飛ばされた人たちが垣間見られます。まだ戦争の傷跡が多く残っています。
地雷博物館-(4).jpg
地雷博物館 (2)_R.JPG
地雷博物館 (1)_R.JPG

ベンメリア遺跡・・・スタジオジブリのアニメ「天空の城ラピュタ」みたいだとファンの間で噂される寺院です。壊れたまんまの状態の寺院を見学できる。不思議な雰囲気があります。
Beng Mealea (5)_R.JPG
Beng Mealea_R.jpg
Beng Mealea (9)_R.JPG
Beng Mealea (8)_R.JPG

夜九時シェムリアップ発・・・バンコク乗り換えで、無事11日朝8時半名古屋空港へ帰ってきました。
posted by yosi&ゴン at 19:54| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
タイに続き、4日間のカンボジア遺跡・寺院めぐり
お疲れさん。
世界遺産はアンコールワットだけかと思ったら
名称はアンコール遺跡群で
周辺の数多くの遺跡も含まれる事を初めて知った。

小魚の足ツンツンは遊んでる訳や無く
魚は足の角質をエサにして、人間は足がツルツル
双方にメリットが、、と何かで読んだ気がする。
地雷を鳥小屋みたいなゲージに並べて展示とは意外。

ベンメリア遺跡の崩壊の理由は謎やとか
800年程前の古い建造らしいので自然崩壊か?
地震なら付近の遺跡も壊れるやろうし
日本なら必ず修復再建するやろうなあ。

yosi
Posted by yosi at 2018年02月24日 19:08
今回は3日間ともツクツクなど自分で手配してではなくホテルに頼んじゃったので、その点では楽だったよ。運転手お任せで。

半分くらいは変えろや!おい!!(>_<)

ゴン
Posted by ゴン at 2018年02月24日 20:36
さすが世界の中高年冒険家(?)
アンコールワットの写真計約60点拝見させて
もらいました。
行かなくても毎度行った気分にさせてもらっています。

恥ずかしながら俺は海外に行った事がない旧人類で
温泉専門です。

地元ではいろいろな役を押し付けられやってますが
暖かくなったらまた日帰り軽登山などに行ってきます。

大塚

Posted by at 2018年03月01日 13:31
大塚君
見てくれて有り難う。大塚も結構フットワーク軽く国内をあちこち行っているね。動けるうちはどんどん行動したいよね。

ゴン
Posted by ゴン at 2018年03月02日 07:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: