2018年02月21日

バンコク・アンコールワットの旅 その1(バンコク編)

サラリーマン時代の同僚(夫婦+男性)と4人で行ってきました。そのうち夫婦者は今回が海外は初めてでアンコールワットを見てみたいというので(俺は過去2度行っているのだが)、ガイド役で行くことに。
ついでにバンコクも寄ってみようということになった。

セントレア空港(名古屋)を10:30発でバンコクにはちょっと遅れて現地時間15:00頃着。日本とは2時間の時差である。
DSC00433_R.JPG 

初めてバンコクを訪れたのは1978年。ネパール・ヒマラヤトレッキングの途中に寄った。それから40年ですけれども(それからも何度か旅の途中に訪れていますが)、当たり前に大変化ですね。
まずインフラが整備されました。一般道をはじめ高速道路、地下鉄、高架鉄道など。自動車は日本製の中古車だらけだったのがいまはピカピカの新車が多い(ほとんどがトヨタ・ホンダなどの日本車やドイツ車)。オフィスビルやホテルなどの高層ビルが市中心部以外にもどんどん建っていました。
ショッピングセンターには日本料理店がずいぶん増え、それも日本の店の出店・・大戸屋、有名ラーメン店など。・・・値段は日本並みか場合によっては同じメニューでも日本より高い場合があった。例えば大戸屋の焼きサバ定食、日本では1000円弱だがこちらのは1200円くらいする。人件費も食材費もタイのほうが安いのにね??
変わらないものも勿論あります。それは日本の大都市より多く残っているのではないだろうか。庶民の台所は相変わらず街のあちらこちらに健在の市場です。肉魚野菜から生きた鶏・蛇・ナマズなどの魚、虫類などなど。一緒に出掛けた元同僚の奥さんはその匂いに閉口していました。スーパーマーケットもあるが価格が高いし、庶民は市場や屋台飯だと思う。
バンコク市民は相変わらず屋台で総菜や飯を買って(これも相変わらずでビニール袋に入れてある)家で食べる人が多い。
DSCF0462.jpg

一番驚いたのは王宮の観光客の数。勿論その主役は中国人韓国人ですが・・・
王宮 今(2018年) 
IMG_0069_R.JPG
DSC00439.jpg

昔(1978年)
ネパール780006A_R.jpg

王宮南にあるワット・ポー寺院の涅槃佛
バンコクWattPoh (7)_R.jpg


昔も今もバンコクの交通渋滞は深刻
画像は2009年
DSCF0442.jpg

先にインフラが整備されたといいましたが、地方行きのタイ国鉄はそのまま。アユタヤへ行った時フアランポーン駅は当時のまま、列車は少し良くなったかな?でも凄いのは値段。バンコクーーアユタヤは普通列車(電化されておらずディーゼル車)で2時間ほどだが16−20バーツ(約20〜75円)。それに引き換え地下鉄はたったの3駅10分ほどだが21バーツ(約78円)。
アユタヤ (54)_R.JPG

アユタヤ
IMG_0540_R.JPG
アユタヤ (20)_R.JPG
アユタヤ-(14).jpg
アユタヤ-(22).jpg
アユタヤ (53)_R.JPG

三日目にはカンボジアはシェムリアップ(アンコールワット観光の町)へ、
1時間ほどのフライトです。
posted by yosi&ゴン at 11:10| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
アンコールワットはまだ行ったことが無いけど
タイの画像はどれも懐かしい。
世界中のバックパッカーが安宿を求めて集まるカオサン通り
小さな店が集まったパッポンの巨大偽物マーケットなど
行く度に必ず寄ってました。

息子が中学生の時
パッポン市場ではぐれて探し回っても見つからず
警察に届けたら、息子も交番に行って助けを求め
パトカーに乗せて貰って先にホテルに帰ってた。
ブラジルはこの上なくいい加減やったけど
タイの警察は仕事熱心で親切やった。

yosi
Posted by yosi at 2018年02月21日 14:27
良さんもバンコクは何回も行っているんだよな。最後が何円前か知らないがずいぶん変わっていると思うよ。昔に比べると人も擦れてきた気がする。
このコメント、手抜き?

ゴン
Posted by ゴン at 2018年02月21日 15:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: