2017年12月10日

舞洲・イン・ワンダーランド

海遊館のテラスから北方向の舞洲に目を向けると
イスラム教寺院みたいな金色に輝く不思議な塔の先端が見える。
それが大阪市のゴミ焼却場なのはうすうす知ってたけど
これまで一度も舞洲に行ったことは無い。
舞洲は夢洲・咲州と共に大阪ベイエリアを埋め立てた人工島。
(大阪市内から出た一般ゴミを埋め立てに使った)
中でも夢洲はスポーツアイランドと呼ばれるだけに
野球場・サーキット・アリーナ・テニスコートなど
あらゆるスポーツ施設が揃っている。
(舞洲にオリンピックを誘致しようと立候補したが北京に敗れた経過がある)
金色の塔を間近で見ようと確かめに行って来た。

舞洲の全体図。赤丸が焼却工場
青丸はコーヒーを飲んで一休み、広い庭を散歩出来る舞洲ロッジ。

mb.jpg

ゴミ処理場の全容。手前の水色の塔が焼却場の煙突で
道路を挟んで建てられた施設の鮮やかな青い塔は
下水道から出る汚泥を処理するスラッジセンター。

ko.jpgIMG_3562.JPG

近くで見るとアリスやないけど、正しくワンダーランド。
自然との共生をテーマに建物の内外に草木をふんだんに使い
塔の窓から木の枝が伸びている。
因みに数多くある小窓の8割は実用でなく装飾やそう。

IMG_3566.JPGlp.jpgbg.jpg

ティム・バートンも草間彌生もビックリのファンタジーワールド。
和助さんなら目がになるのは間違い無し!
スラッジセンターの青い塔。

IMG_3571.JPGIMG_3576.JPG

遊園地かテーマパークとしか思えない奇抜なデザインの作者は
今は亡き画家で建築家のオーストリア人、フリードリヒ・シュトーヴァッサー氏。

mk.jpg

関テレ扇町スクエアにある大阪キッズプラザの「子供の街」も氏のデザイン。

ds.jpg

ウイーンにある「フンデルトヴァッサーハウス」と呼ばれる集合住宅。
こんなアパートに住んだら毎日がおとぎの国。

ru.jpgto.jpg

焼却施設内を見学出来るらしいので、興味ある方は一度訪れてみては ?!
posted by yosi&ゴン at 13:01| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
まるで日本国内じゃなく外国みたいです。
今度大阪へ行ったら足を運んでみよう。
USJ は高いけどここならただだし。(^_^)
Posted by ゴン at 2017年12月11日 18:18
おれもまだ中を見て無いので次回は見学したい。
HPを調べると見学は月〜土曜日の10・13・15時の3回で、所用時間は1時間半。希望日の10日前までに電話予約要、となってます。
宿泊は海岸沿いの広い敷地にログハウスが立ち並び、ここもまるでカナダかニュージランドに居る雰囲気の舞洲ロッジがお勧め。

yosi
Posted by yosi at 2017年12月11日 19:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: