2017年05月29日

大台ケ原

花を見に石楠花最盛期の大台ケ原を良さんに案内してもらいました。
当日の夜に大台ケ原のビジターセンター駐車場まで行って、そこで車中泊をお試し!!翌日早朝からハイキングをすることに・・・


まず静岡の我が家を出発する際、今夜の夕食のおかずの仕込みを済ませる。
簡単手間いらずのポトフを作ることにした。
保温鍋の内鍋に食材(玉ねぎ、人参、ジャガイモ、トマト、ロールキャベツ、ソーセージ)を入れコンロにかけるる。
沸騰したら調味料(今回はラーメンスープの素を使用)を入れて2〜3分ゆでる。
火から下して保温鍋の入れ、蓋をして置くだけ。夕飯の頃には柔らかく煮えている・・・はず。
DSC03726.jpg

待ち合わせの王寺駅近くで無洗米と食器、明日の朝食と昼食(パンなど)を仕入れていざ出発。
途中、今夜のご飯を炊くために購入した車内のACC電源からでも炊ける炊飯器を準備。
あ〜っ、電源コードがない!!!家に忘れたらしい(まあ一年に一度くらいのドジはあるさ)。仕方なくコンビニに寄っておにぎりを買う。

大台ケ原の手前の麓の川上村にある杉の湯というホテルの日帰り温泉に入っていく。やっぱり、温泉はいいなあ!

駐車場に着いたときはもう薄暗くなっていたのでさっそく夕飯。ポトフは野菜が少し硬かったが、優しい良さんは文句も言わず食べてくれました。もう少しゆでる時間を長く取らなければいけないという、次回の参考になった。
ゾンビの夕食
IMG_20170523_194256.jpg

翌朝いざ出発。薄雲りながらまあまあの天気。
DSC03734.jpg

しばらく樹林帯のなだらかな道を歩く。
DSC03735.jpg

日出ケ岳への分岐点から頂上まではやや急な道が続くが木道などが整備されているので、観光客のスニーカーでも登れるくらいである。天気が良い時はここから熊野灘や大峰山系の山などまたごくごくまれに富士山のみえるという。残念ながら本日は霧が少し出ている。
IMG_0002.jpg

頂上から三重県の大杉谷コース方面に少し下ると濃いピンクの石楠花が咲いていた。
DSC03738.jpg

頂上からまたもと来た道を戻り絶壁で知られる大蛇ーへ。
途中一面の笹原に枯れた木が乱立する草原地帯になる。なんでも伊勢湾台風の時に強風で倒され枯れてしまったのだという。それまでは日本有数の栂とトウヒの鬱蒼たる森林だったらしい。雨も多いのでそれは見事な苔が地を埋めていたとか。いったん荒地になった森を再生するのは大変らしいが、シカの食害から守るために金網で囲われた、種から育てた新しいトウヒを植えている。また森が復活するのは何十年いや百年後だろうか?
DSC03745.jpg
DSC03744.jpg


牛石ケ原を抜け樹林帯に入ると花をつけた石楠花の樹がちらほら現れるが、大群落というほどのものではない。
一本見事な木が在った。
DSC03764.jpg
DSC03752.jpg


大蛇ーは切り立った崖から突き出した岬のよう。周りは断崖絶壁だらけだが、さすが多雨地帯だけあって樹木が多い、滝も見える。
DSC03755.jpg
DSC03751.jpg 

帰りは楽なもと来た道を選ばずに、周回コースのシオカラ谷というところを通って帰ることにした。結構な足場の悪い下りが1時間ほど続くが、下山道の周りは石楠花の林が続きピンク色の花が疲れを忘れさせてくれるようだ、
シオカラ谷にかかる釣り橋のところで軽食と休憩。
IMG_0028.jpg

つり橋から駐車場へは長い上りと地図にあったが、きつい上りはわずかで拍子抜けするほど楽に着いてしまった。

駐車場に着くころから小雨がポツリポツリ。途中降られなくてよかったよかった。合計4時間ちょっとの楽しいハイキングでした。
コンロで湯を沸かし、カップ焼きそばとかぼちゃスープで昼食。ところが良さんの買ってきたカップ焼きそばがでかい、そのはず中身は焼きそばの塊が2ケ入っていた。
炭水化物の取り過ぎで腹はパンパン・・・翌日の昼までこれが尾を引いて腹の調子がイマイチだった。
IMG_0035.jpg

帰りは途中PAで車を止めて車中泊して、翌朝再び運転して静岡へ帰りました。疲れたのと眠いので無理はしない。この時シートを倒して寝るのと違って、車中泊仕様の荷席は足を延ばして横になれるから楽です。朝雨が車の屋根をたたく音で起こされるまでぐっすり眠れた。
posted by yosi&ゴン at 13:35| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
初のキャンピングカー「ゴン号」での調子は初めてにしては
快適とはいかないまでもまぁまぁの出来ではなかったのかと
思います、それにしてもずいぶん遠くまで行ったものだ。
俺だったらまず近場の静岡、伊豆あたりを最初に選ぶけど
さすが世界の冒険家はちがうねー。こんどは飯をうまく料理するように?yosiさんに「これはうまい」と言ってもらえるように何しろ味には厳しい方だから?  
大塚
Posted by at 2017年05月30日 10:21
炊飯器の電源コードを忘れたり
ポトフの人参とジャガイモが固かったり
多少のトラブルがあったけど、これも経験・試運転
次回は気を付けましょう。

車内は思ったよりずっと広く、足を延ばして充分寝られる
日本一周も夢やない。

yosi
Posted by yosi at 2017年05月30日 20:57
大塚君
良さんは味には無頓着というか、腹に入ればいいという方なのだよ。
さすがに奈良大阪までの運転は疲れたよ。

ゴン
Posted by ゴン at 2017年05月30日 21:03
良さん
保温鍋は初めて使ったので、様子がわからなかくてちょっと硬かったけど、今度は大丈夫。
少しずつ気が付いたところを改善していって、快適な日本一周旅ができるようにしたい。

ゴン
Posted by ゴン at 2017年05月30日 21:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: