2023年09月18日

西伊豆浮島海岸で素潜り

夏休みの人出が一息つく9月の浮島海岸の素潜りは、ここ数年心待ちにしている定例行事。何がいいかと言えば、沖縄に行かずとも熱帯魚が見られるダイビングスポット。

新大阪を出て10時前に静岡駅から2駅東の草薙駅に到着、ゴンさん運転の車に同乗し、西伊豆へ向けて出発。車窓から見る富士山は少し雲が掛かっているものの青空で、今日は天気がよさそう。

ふじ.jpg

チェックイン時間前なのに、到着してすぐ予約のコテージに入れて貰ってひと休み。ところが流しの水が出ない、調べると外のホースに穴が空いて水が噴き出している。管理事務所に知らせると、一番安い長屋建て3戸一の8500円の部屋からワンランク上の1戸建てに変更してくれた。その上、お詫びにと2千円の返金、ラッキー!

コテージ (2).jpg

コテージ (1).jpg

奇岩の浮島海岸は砂浜が無く、浜も海底もゴロゴロ石が並ぶ磯。

ビーチ.jpg

IMG_0281.JPG

入り江なので波が無く海面は穏やかで透明度は抜群。しかしながら浜から5mも進めば足が付かない深さ。すぐ傍にダイビング教室があり、手漕ぎボードや水中眼鏡・足ひれなどダイビンググッズをレンタルしていて、この日もダイバー達が楽しんでいる。

ダイビング.jpeg

1695042819244.jpg

早速、岩場を潜ってみる。黒潮の流れの変化のせいか、去年・一昨年に比べると魚の数が少ないが、ブルーのルリスズメダイや黄色やトラ柄など可愛げな熱帯魚が目を楽しませてくれ、何度見ても飽きない。

IMG_0295.JPG

IMG_0277.JPG

IMG_0269.JPG

この好奇心旺盛で警戒心に欠けるトラ柄の一匹は、エサをくれると思っているのか目の前まで近寄り、グルグル回って離れない。

IMG_0270.JPG

翌日の天気予報は曇りながら予報が外れて朝から晴天、35度はあろうかと言う真夏の陽射し。何度も素潜りを楽しんだ。因みにダイビングのライセンスを持っているはずのゴンさんは、たまに浜辺を散歩するものの殆どテントの中でゴロ寝とはサボり過ぎ。

帰路は伊豆半島根元付近にあるオシャレな道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」で遅めの昼食。和食処「沼津魚がし鮨」のランチが新鮮でネタが大きいのに安くてチョー旨い。10種盛りでナント1580円、大阪なら倍はする。人気店らしく2時頃なのに殆ど満席。

IMG_2023-09-15-14-38-49-047.jpg

ゴンさんは贅沢6貫ランチ、おれは特上近海ランチを注文。腹一杯で大満足!

IMG_2023-09-15-14-25-36-405.jpg

IMG_2023-09-15-14-22-45-877.jpg

災難は最後にやって来た。静岡駅前でゴンさんとサヨナラし、PM7時8分発の新幹線に乗るはずが熱海小田原辺りの豪雨で、東京発のひかり号が運行せず、待ちに待って1時間半遅れでやっと静岡駅に到着。ホームは長蛇の列で自由席は空席が無かったが、次の浜松で立っていた前の客が降りて運よく座れた。予定のPM10時帰宅が11時半になってしまったけど、今年も楽しい2日間を過ごしました。


posted by yosi&ゴン at 21:26| Comment(5) | 日記