2022年09月05日

夏の終わりの花火大会

初夏に早めの梅雨がアッと言う間に明けたかと思うと2度目の梅雨入り。いつもの九州・中国地方より、今年は東北地方が豪雨被害を受けました。この十数年、温暖化による天候異変が地球規模に広がっているのが怖い。毎年、西日本を中心に梅雨末期の大雨で河川決壊や土砂崩れの被害が当たり前のように起こりますが、パキスタンでは洪水で国土の3分の1が浸水、1290人が亡くなったと報じられています。
そんな夏も9月に入り、朝晩少し涼しくなりました。

8月27日土曜日は、コロナ自粛で3年振りに開催された淀川花火鑑賞。大概の祭り事は、神社や寺の催事・神事として行われるのが一般的ですが、淀川花火は淀川と我が町を愛する地元(十三辺り)ボランティアが、周辺企業や団体・商店・地元住民の寄付によって運営する手作りの催しやそう。今年で34回目と歴史は浅く、当初は打ち上げ3000発程度のあっという間に終わる規模が、今や2万発50万人が鑑賞する日本有数の花火大会になりました。

R.png

十三側の有料観覧席は4,500円の芝生斜面から弁当と、川縁で弁当お茶付き二人で3万円のお茶付きの号かシートまで各種。

mk.png
mk.jpg

前列シートからはこんな風に見えるようで大迫力!

nm.jpg
ぱの.jpg

対岸梅田側の土手は渋滞防止とかで立ち入り禁止。打ち上げ場所からやや離れた姫島の無料の河川敷から眺めました。

淀川花火 (4).jpg
河川敷.jpg

人気の鑑賞スポットとして、花火を間近の眼下に見る梅田スカイビル展望台。

スカイビル.jpg

地上300mのハルカス展望台からも全容が望める。

ハルカス2.jpg

尾を引いてヒュルヒュルと登る花火を見上げるのはワクワクするけど、天空から見下ろす花火も違った趣がありますね。梅田側の商業ビルや10階以上のマンションも花火と都会の夜景のコラボを楽しめる。高層ホテルではディナー付きの花火鑑賞が、かなり前から予約で満員御礼やったそうです。

posted by yosi&ゴン at 11:34| Comment(3) | 日記