2020年04月24日

中崎町界隈散歩

古民家や長屋を改造したお洒落な店が点在し、レトロな雰囲気が若者に人気の北区中崎町。最寄り駅は地下鉄谷町線で梅田からひと駅の中崎町駅、環状線天満駅や梅田から徒歩15分程の立地条件もいい。
扇町の北野病院の診察がいつもより早めに終わったので散歩してみました。青線で囲んだ部分が、その一角。

マップ2.jpg

大阪の中心に近い下町に、こんな路地裏が迷路のように交錯している。

路地裏 (2).jpg
路地裏 (3).jpg

中崎町のシンボルとして、テレビでよく紹介される元印刷工場は築90年という大きな木造建築。入口の「天劇キネマトロン」の看板が気になる。検索すると自主映画専門の超ミニシアターとか。

天劇.jpg
天劇シネマトロン (1).jpg

印刷工場と同時期に建てられたのか、元呉服屋を思わせる重厚な構えは美容室。

美容室2.jpg

いかにも店主DIYのカフェと、ギィーと軋み音がしそうなボロい扉のレストラン。意外とフランス料理が出たりして。

カフェ (1).jpg
木の扉.jpg

古着の店は色使いや展示方法に若い感性が溢れてる。

ファッション (1).jpg
ファッション (2).jpg

なにやら奇妙なペインティングの雑貨店、何を売ってるんやろか。対照的にシンプル・イズ・ベストのモノトーンはカットハウス。どの店も2階は居住用で20~30代の店主が一人で切り盛りしてる様子。

雑貨屋.jpg
カットハウス.jpg

暖簾を掛けた和食の店もある。「居酒屋兆治」ならぬ粋なネーミングの「居酒屋かわせみ」。カフェやレストランは、オヤジには敷居が高いけど、ここなら入れそう。

和食店.jpg
居酒屋かわせみ (1).jpg

昭和の風情漂う、下駄履きアパート吉美苑。多分、共同トイレで風呂は銭湯へ。

吉美苑.jpg

一段と狭い路地の奥は、白蛇が地域の守り神の白龍大神。手作りの案内板が中崎町らしい。

白龍大神 (2).jpg
白龍大神 (1).jpg

平日で午後3時頃の中途半端な時間帯とコロナウイルス自粛のせいか人出は殆どなく、ガラス窓越しの店内はどこにも客の姿が無い。これ以上緊急事態宣言が続くと自営業者にとって死活問題、困窮が偲ばれる。
今回は時間が無く外から見るだけで、どこの店にも入らなかったが、次回は気になる店をあれこれ覗いてみよう。
posted by yosi&ゴン at 14:07| Comment(4) | 日記