2019年09月29日

初めての宮古島

これまで鹿児島を南に下って、屋久島・奄美大島・与論島・沖縄、八重山諸島の石垣島・竹富島・西表島、日本最南端の波照間島、最西端の与那国島と名前が知られた南の島は殆ど訪れたけど、宮古島はそう興味が湧かず未体験。護音さんからジェットスターの関空 → 宮古島下地島空港直行便就航記念キャンペーンで、3泊4日最安29,200円(空港使用料・レンタカー4日分を含め一人当たり40,640円)のフリーツアーがあると連絡があり、行って来ました。

夜行バスで早朝アベノ橋に到着した護音さんとマクドで待ち合わせ、簡単な朝食を済ませ、まずは市立美術館で開催中の浮世絵展鑑賞。美術の教科書でよく見た広重と北斎の版画を中心に200点もの展示はなかなかの迫力、見ごたえがあった。

浮世絵.jpg

22日の出発日は台風17号襲来で、欠航にならないか直前までハラハラドキドキ。九州や沖縄便が全て欠航になる中、宮古島行きだけが運よく予定時間どおりフライト、ホッと胸をなで下ろした。窓から見る空は一面絨毯を敷き詰めたような台風名残の分厚い雲。にもかかわらず、揺れや血の気が引く乱気流による降下ショックが無かったのが嬉しい。

窓の雲.jpg

下地空港は宮古島空港に次ぎ、島で2番目の空港。本来、民間ジェット機の訓練用に造られた1本のみの滑走路ながら、施設を改装し一般空港として開業。今年3月にジェットスターが羽田便を、関空からは7月からの就航。一日一便で、LCCらしく運賃は日によって片道4,990円から6万円ちょっとの幅がある。

空港空撮.jpg

宮古島本島・伊良部島・下地島の位置関係と見所。本島と伊良部島に架けられた3540mの大橋が完成したのは2015年と最近のこと、珊瑚礁のコバルトブルーが美しい。伊良部島と下地島は20m程の橋で何か所か繋がっており陸続きのようなもの。

宮古案内図.jpg
伊良部大橋.jpg

2時間半程のフライトで到着は夕方の6時15分、ローカル空港らしくタラップで降りる。レンタカーでホテルがある宮古の中心地の繁華街である平良(ひらら)へ。繁華街と言っても、一方通行の狭い通りの両側200m程の間に飲食店が並ぶだけ。それも8割は焼肉店。3連休真ん中の日曜日のせいか、覗いてみたかった3軒の三線ライブの店はどこも満席、仕方なく入った韓国料理店のチジミピザや石焼ビビンバが思いがけず旨かった。

空港タラップ.jpg
平良の街.jpg

ノロノロ台風が去った2日目の空は晴れ時々曇りと言ったところで、気温は大阪と同じように30度あるか無いか。
島内の様子見で、海岸添いにビーチを巡るドライブは護音さんの提案。まずは時計回りに来間島へ、来間大橋下の前浜は白砂のビーチが延々と続く。

来間大橋.jpg

島の東端、灯台がある東平安名崎へ。

灯台.jpg
東平安名崎.jpg

シギラ浜は潮だまりにも鮮やかなブルーのスズメダイが泳いでる。熱帯魚だけでなく、ひょっとしたら海ガメに会えるかも。

スズメダイ.jpg

ここでトラブル発生、駐車場の珊瑚石の堤に脛をぶつけてしまった。血をサラサラにする薬と血流を良くするザルティアを飲んでいる為、出血がなかなか止まらない。傷テープで応急処置。明日から本格的に素潜りを楽しむつもりやのに。

ケガ.jpg

最後に寄った中の島ビーチは下地島空港のすぐ西側。ここも腰までの深さで、肉眼でも色とりどりの熱帯魚が見える。夕陽が海面に反射して絵葉書のように綺麗。明日・明後日の素潜りにワクワクする。

夕陽.jpg

石垣島などでクマノミを何度か見たけど、何十匹もの群れを見たのは初めて。

クマノミ.jpg

3日目・4日目の様子と動画で撮った熱帯魚たちを護音さんが編集し、続編として投稿予定。お楽しみに。
posted by yosi&ゴン at 19:51| Comment(2) | 日記