2018年05月03日

春の沖縄、水納島

年に3度ほど会う高校時代からの友人2人と2月に集った時
去年の秋に行った3泊4日3万円沖縄激安ツアーの話をすると行こうと即決。
旅行社に問い合わせると、同じ企画で現在募集中との返事。
ゴールデンウイーク前で企画最終日の4月23日出発日の
レンタカー付きフリープランを申し込んだ。

IMG_5344.JPG

出発前日の天気予報は、往復の23日と26日は晴れなのに
肝心の中2日が曇り時々雨なのが気になる。
今回の発着は伊丹空港、建物が増築され多くの飲食店がオープン。
展望台が公園のように広く綺麗に整備されていた。

IMG_4728.jpg

那覇空港到着後はレンタカー受付の順番待ちに時間がかかり
国際通りを2時間程ブラブラして恩納村のホテルへチェックイン。
今回のプランは全ホテルで夕・朝食付きなのが逆に不自由。
レンタカーは自動安全装置装備のトヨタのCH-R、精悍でカッコいい!

CH-R.jpg

2日目はまずホテルに近い像の鼻の断崖、万座毛。
次はエイサーを見たくて琉球村を見学。

kh.jpgIMG_4768.jpg

午後は前回と同じく、友人達を勝連城から海中道路ドライブにご案内。
沖縄家庭料理を看板に掲げる食堂は押し並べて不味い。
唯一旨いと思った浜比嘉島の「てぃーらぶい」が定休日やった

IMG_4783.JPGxh.png

3日目は同行の友人の一人の両親が沖縄出身であり
15年振りに叔父の家に寄りたいと言うことで、この日は各自別行動。
おれは軽のレンタカーを借りて一人水納島へ。
その形状からクロワッサンアイランドとも呼ばれ
美ら海水族館にも近い本部港から高速船で15分で到着する。
島全体が珊瑚礁に囲まれ、コバルトブルーに澄む海水がなんとも綺麗。

zt.jpg

海開きを終えたと言え、GW前に島を訪れる観光客はまだ少ない。
嬉しいことに、天気予報に反して青空が時折覗いて気温は25度。

mk - コピー.jpg

まずクロワッサンの中心は桟橋からたったの徒歩15分。
途中、4匹のヤギの家族がいた。

IMG_5176.JPG

午前10時発の高速船の客は10人程しか居なかったが
みんな中心に興味無いのか誰も居ない。
干潮時で干上がり、予想に反してこんな殺風景な状態。
珊瑚の死骸が固まったのかサンダルで歩ける。

IMG_5178.JPG

水納島は周囲が珊瑚礁に囲まれているため
画像のように桟橋まで高速船用の通路が作られている。
環境破壊の気もするが、観光収入に頼る沖縄では仕方ないか。

fd.jpg

今回、3時間足らずの滞在で歩いたのはグリーンの線に沿って。
古井戸から灯台までは、まず人が来ないプラベートビーチ状態。

bg - コピー.png

シュノーケルやスキューバで、こんな景色が見れるらしい。
次に来た時は絶対潜ってみよう。

mb.jpgno.jpg

クロワッサンの内側から細い道をしばらく進んで浜に出たら
田中一村が好んで描く赤く色付いたアダンがたわわに実ってる。

ng.jpg

砂と言うより小麦粉みたいな微小粉末の浜。

nb.jpg

飛行機の窓から中央右にクロワッサンアイランド

k.jpg

さらば、また来る日まで。
posted by yosi&ゴン at 21:39| Comment(4) | 日記