2022年09月05日

夏の終わりの花火大会

初夏に早めの梅雨がアッと言う間に明けたかと思うと2度目の梅雨入り。いつもの九州・中国地方より、今年は東北地方が豪雨被害を受けました。この十数年、温暖化による天候異変が地球規模に広がっているのが怖い。毎年、西日本を中心に梅雨末期の大雨で河川決壊や土砂崩れの被害が当たり前のように起こりますが、パキスタンでは洪水で国土の3分の1が浸水、1290人が亡くなったと報じられています。
そんな夏も9月に入り、朝晩少し涼しくなりました。

8月27日土曜日は、コロナ自粛で3年振りに開催された淀川花火鑑賞。大概の祭り事は、神社や寺の催事・神事として行われるのが一般的ですが、淀川花火は淀川と我が町を愛する地元(十三辺り)ボランティアが、周辺企業や団体・商店・地元住民の寄付によって運営する手作りの催しやそう。今年で34回目と歴史は浅く、当初は打ち上げ3000発程度のあっという間に終わる規模が、今や2万発50万人が鑑賞する日本有数の花火大会になりました。

R.png

十三側の有料観覧席は4,500円の芝生斜面から弁当と、川縁で弁当お茶付き二人で3万円のお茶付きの号かシートまで各種。

mk.png
mk.jpg

前列シートからはこんな風に見えるようで大迫力!

nm.jpg
ぱの.jpg

対岸梅田側の土手は渋滞防止とかで立ち入り禁止。打ち上げ場所からやや離れた姫島の無料の河川敷から眺めました。

淀川花火 (4).jpg
河川敷.jpg

人気の鑑賞スポットとして、花火を間近の眼下に見る梅田スカイビル展望台。

スカイビル.jpg

地上300mのハルカス展望台からも全容が望める。

ハルカス2.jpg

尾を引いてヒュルヒュルと登る花火を見上げるのはワクワクするけど、天空から見下ろす花火も違った趣がありますね。梅田側の商業ビルや10階以上のマンションも花火と都会の夜景のコラボを楽しめる。高層ホテルではディナー付きの花火鑑賞が、かなり前から予約で満員御礼やったそうです。

posted by yosi&ゴン at 11:34| Comment(3) | 日記

2022年05月24日

心臓ペースメーカー留置手術

4年程前からテニスや山登りの際に、それまで経験したことが無い息苦しさを感じるようになった。NTT西日本病院や北野病院などの大病院で診察して貰うが、肺・心臓とも特に問題無い、最終的には「老化でしょう」で済まされてしまう。運悪く、診察されるのはどの病院でも経験不足の30代の若い医師。

普段の生活では、そう不便は無いが、半年前からスポーツ時に一段と息切れが激しくなり、特にテニスでは10分もラリーを続けるとへたり込んでしまう始末。ゲーム中に誰かに代わって貰うこともしばしば。近くのかかり付けのクリニックで24時間心電図をとって貰うと不整脈がかなり進行していることが判明。1分間の心拍数が40ちょっとと正常値の半分しかない。これでは血液で身体中に充分酸素が運ばれておらず酸欠で息切れするはず。クリニックでは薬の処方以上の治療は出来ないと、近くの総合病院に紹介状を書いてくれた。

lk.jpg

検査機器が揃った徳洲会野崎病院で、CTや何種類かの検査の結果「徐脈性房室完全ブロック」の診断。心臓をリズム良く動かす右心房の信号(黄色〇)が全く働いていない。改善方法は心臓ペースメーカー埋め込み手術しか無いと。

ペースメーカー (7).jpg

今後もテニスや山登りを続けたいと伝えると、60才前後のベテラン医師は、それなら従来のリード付きペースメーカーで無く、患者にとって負担が少ないカテーテルで心臓に直接留置出来る最新型のリードレスにしましょうと答えてくれた。腕を激しく動かすゴルフやテニスに、リード付きはトラブルが起こりやすく不向き。激しくぶつかり合うラグビーやサッカーなど、とんでもない。

ペースメーカー (6).jpg
ペースメーカー (8).jpg

上記事の通り手術は1時間足らず、2泊3日で退院。手術後は紙オムツに尿管挿入で、仰向けのまま動けないのがしんどい。翌朝10時頃にはオムツと尿菅を外し、なんと鼠径部の1a足らずのカテーテル挿入切開部を抜糸。トイレは自由に歩いていけるし、処置が信じられない程速い。

ペースメーカー (10).jpg
傷.jpg

病院食は味が薄くて不味い、とよく聞くけどおれには味も量もピッタリ。7回の食事は全て完食でした。

ペースメーカー (9).jpg

ところが、一難去ってまた一難・二難、退院直前の医師の説明にビックリ。CT検査で心臓周辺の血管に2か所の狭窄あり、と映像を見せられた。拡大写真なのでどの辺りか分からんけど、確かに絞ったように細くなっている。この血管の狭窄も息苦しさの一因であり、将来心筋梗塞を起こす怖れがあるので早めにカテーテルによる血管拡張手術を勧める、という内容。母親が70才前に心筋梗塞で亡くなってるし、3カ月前には従妹の旦那がやはり心筋梗塞で突然亡くなった。元々遺伝的な高脂血症で血液をサラサラにする薬を飲んでるし、検討してる場合や無い。2か所を一度に手術出来ないので、1回目は6月13日、2回目は7月中旬の日程で、手術をお願いした。どちらも1泊2日の簡単な手術、とは言うものの3か月連続で鼠径部にメスが入る。
7月の後期高齢者突入を前に、あちこちガタが来た部品の修理、健康寿命を出来るだけ伸ばさねばと、この夏は経年劣化した身体のメンテナンス・リフォームの季節です。

yosi
posted by yosi&ゴン at 09:54| Comment(4) | 日記

2022年05月09日

電動アシスト自転車は楽チン

あと2か月して7月が来ると75才、いよいよ後期高齢者突入。自分の年齢が信じられない。医療技術の進歩で昨年発表で男子の平均寿命は81.6才、37年前の1985年の平均寿命が75才で、なんと1年で0.15才づつ伸びてる計算になる。人間の寿命の限界は一体いくつ?生命保険のCMで人生100年時代と言う言葉をよく耳にしますね。
a4f0f9.jpg

老化は足からと言われるが、年々体力の衰えを自覚する毎日。自宅が生駒山の並びの飯盛山中腹にあり、行きはヨイヨイ、帰りは怖い。近頃、自転車を押して坂を上がるのに息が切れが激しい。画像では傾斜がそうきつく見えないけど、なかなかの角度。

坂.jpg

そこで気になっていた電動アシスト自転車を購入。自分がこの種の自転車の世話になるとは想像もしなかったのに。

自転車.jpg

ところが、これが意外とパワフル!一度も下りて押すことなく、乗ったまま悠々自宅まで到着出来る。アシストの強さは3段階あり、常に最強の3で乗るのが当たり前になってしまった。これまでは、散歩がてら足の運動と思って坂がある公園などを走りまくってたのに、つい楽をしてしまう。
バッテリーの充電は3週間に1度程度で意外と長持ち手間要らず。

IMG_20220420_114242_20220429192018.jpg
IMG_20220420_162702_20220429192033.jpg

スーパーや駅前のモールなど、ちょっとしたお出かけの必需品。大のお気に入りツールになりました。

yosi

posted by yosi&ゴン at 16:32| Comment(4) | 日記