2024年01月03日

謹賀新年

1704257104255.png<

昨年は体調が悪い訳でないのに、自覚がないまま体重が6`減。もう何十年も安定していた58.5`前後が、なんと52`台にまで落ちてしまった。
食事量は少なく胃が弱いので、元々瘦せ型ながら身長172aで体重52`少々は我ながらショック!
運動量に比べてカロリーが不足しているに違いないと、テニスの練習回数を減らし間食を摂るなど食事量を増やすと、10か月でやっと58`に回復。正月太りの時期でもあるし、これを機会に60`に到達しようと努力中です。
posted by yosi&ゴン at 21:25| Comment(4) | 日記

2023年09月18日

西伊豆浮島海岸で素潜り

夏休みの人出が一息つく9月の浮島海岸の素潜りは、ここ数年心待ちにしている定例行事。何がいいかと言えば、沖縄に行かずとも熱帯魚が見られるダイビングスポット。

新大阪を出て10時前に静岡駅から2駅東の草薙駅に到着、ゴンさん運転の車に同乗し、西伊豆へ向けて出発。車窓から見る富士山は少し雲が掛かっているものの青空で、今日は天気がよさそう。

ふじ.jpg

チェックイン時間前なのに、到着してすぐ予約のコテージに入れて貰ってひと休み。ところが流しの水が出ない、調べると外のホースに穴が空いて水が噴き出している。管理事務所に知らせると、一番安い長屋建て3戸一の8500円の部屋からワンランク上の1戸建てに変更してくれた。その上、お詫びにと2千円の返金、ラッキー!

コテージ (2).jpg

コテージ (1).jpg

奇岩の浮島海岸は砂浜が無く、浜も海底もゴロゴロ石が並ぶ磯。

ビーチ.jpg

IMG_0281.JPG

入り江なので波が無く海面は穏やかで透明度は抜群。しかしながら浜から5mも進めば足が付かない深さ。すぐ傍にダイビング教室があり、手漕ぎボードや水中眼鏡・足ひれなどダイビンググッズをレンタルしていて、この日もダイバー達が楽しんでいる。

ダイビング.jpeg

1695042819244.jpg

早速、岩場を潜ってみる。黒潮の流れの変化のせいか、去年・一昨年に比べると魚の数が少ないが、ブルーのルリスズメダイや黄色やトラ柄など可愛げな熱帯魚が目を楽しませてくれ、何度見ても飽きない。

IMG_0295.JPG

IMG_0277.JPG

IMG_0269.JPG

この好奇心旺盛で警戒心に欠けるトラ柄の一匹は、エサをくれると思っているのか目の前まで近寄り、グルグル回って離れない。

IMG_0270.JPG

翌日の天気予報は曇りながら予報が外れて朝から晴天、35度はあろうかと言う真夏の陽射し。何度も素潜りを楽しんだ。因みにダイビングのライセンスを持っているはずのゴンさんは、たまに浜辺を散歩するものの殆どテントの中でゴロ寝とはサボり過ぎ。

帰路は伊豆半島根元付近にあるオシャレな道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」で遅めの昼食。和食処「沼津魚がし鮨」のランチが新鮮でネタが大きいのに安くてチョー旨い。10種盛りでナント1580円、大阪なら倍はする。人気店らしく2時頃なのに殆ど満席。

IMG_2023-09-15-14-38-49-047.jpg

ゴンさんは贅沢6貫ランチ、おれは特上近海ランチを注文。腹一杯で大満足!

IMG_2023-09-15-14-25-36-405.jpg

IMG_2023-09-15-14-22-45-877.jpg

災難は最後にやって来た。静岡駅前でゴンさんとサヨナラし、PM7時8分発の新幹線に乗るはずが熱海小田原辺りの豪雨で、東京発のひかり号が運行せず、待ちに待って1時間半遅れでやっと静岡駅に到着。ホームは長蛇の列で自由席は空席が無かったが、次の浜松で立っていた前の客が降りて運よく座れた。予定のPM10時帰宅が11時半になってしまったけど、今年も楽しい2日間を過ごしました。


posted by yosi&ゴン at 21:26| Comment(5) | 日記

2023年08月15日

車中泊の旅・東北北海道その6

7/24
また海岸沿いの道に戻り知床へ向かう。相変わらずの小さな漁港が点々とし昆布干し作業に精を出す人々も相変わらず。
ジャガイモの白い花が満開。

ジャガイモの花.jpg

漁港より望む羅臼.jpg

羅臼岳が見えてくると知床も近い。知床半島の東の付け根の羅臼町、ここの港の入り口の空きスペースで昼食休憩、キャベツたっぷりの魚肉ソーセージラーメン(マルちゃんの醤油)を作る。

羅臼港.jpg

羅臼港は知床遊覧の一方の基地、昨年事故のあったコースとは反対側を知床岬まで向かうようだ。後で知ったので非常に残念な思いをしたのだが、知床岬に向かっていく途中に瀬石温泉という干潮の時しか入れない海中温泉がある。行きたかったなあ、車で入れるしその先にも海岸沿いの温泉・相泊温泉というのもあるそうだ、いずれも無料(協力金100程度)、地元の有志が管理している。

羅臼から反対側のウトロへ行く途中に「熊の湯」という、やはり地元の人が管理している無料温泉(協力金)があるので、楽しみにしていた。当然寄っていく。道路のすぐわきの川を渡ったところにあるせせらぎの音も涼しげな乳白色の温泉だ。地元の人が入れ代わり立ち代わり入ってきて入浴の心得などの講釈(注意)を垂れるので少し煩いがいい温泉だ。マナーしらずの浴客に困っているのだろうから仕方ないか。

熊の湯.jpg

知床峠から見る羅臼岳の迫力がすごい。この近くに羅臼湖というのがありそこまでハイキングができるらしく、登山の格好をした人を何人か見かけたが、ヒグマが怖くないのかなあ?

知床峠.jpg

羅臼岳.jpg

峠から一気に下るとウトロ側に大きなきれいな道の駅があり、今夜はそこで車中泊。近くにコンビニもスーパーもコインランドリーもある便利な駅。

ウトロ.jpg

走行距離:115q

7/25
今日は知床五湖散策。五湖全部回るにはガイドツアーに申し込まなければならず予約制。人数に余りがあったときは当日も受けてもらえるらしいが、一人6000円は高すぎる・3時間程度らしいが。

無料で行ける1湖までは高架木道がついているので安心していけるからそこまで行くことにする。中華系(おそらく台湾かシンガポール)の団体が騒がしい。湖にはスイレンの白い花が沢山咲いていて涼しげできれいだ。

知床五湖6.jpg

知床五湖4.jpg

知床五湖3.jpg

知床五湖2.jpg

知床五湖1.jpg

高架木道の脇にはヒグマ防止のためか、電撃策がある。

知床五湖5.jpg

知床五湖と同じく観光の目玉カムイワッカの滝へも今はマイカー規制でシャトルバスを利用しなければならない。入場料を含め2800円なり。

ウトロから出ている知床遊覧船も昨年の事故のことがありどうかなと思っていたら、結構な乗船客がいるようでした。まあ問題の船会社以外は事故は起きていないわけだから.

五湖観光から戻って道の駅で昼食。他人のを見ていかにも脂がのって美味しそうなホッケ定食を頼んだ。ゆうに30pは超える大きさで味も大満足、値段も納得。「おい、襟裳岬の食堂の料理人、ちっとは見習え!」

ホッケ定食.jpg

ウトロからすぐ近い、オシンコシンの滝

オシンコシン.jpg

オシンコシンの滝2.jpg

しばらくして道を内陸部へと向け摩周湖へ向かう。今夜の宿「道の駅摩周温泉」花壇に花いっぱいのこじんまりとした道の駅、足湯があるのがうれしい。100mほど行くと日帰り温泉がある、ペンション併設の小さな温泉だがヌルヌルお肌すべすべの良い温泉である。同じ敷地内にコインランドリーもあるのできれいになった体とともに衣類とシーツ類もきれいに洗濯することにした。

摩周湖4.jpg

走行距離:137q

7/26
今日は朝からよい天気、ここは屈斜路湖のカルデラ内で内陸部なので今までの涼しさが嘘のようにとても暑い。観光案内所の表示で33度あった。

霧の摩周湖ならぬ青空と蒼い湖水が謎めいてはいない。周囲を断崖で囲まれた湖はいかにも火口湖とわかる。

摩周湖3.jpg

摩周湖5.jpg

摩周湖2.jpg

今日は晴天の上風もなく湖面が鏡のようだった

摩周湖1.jpg

屈斜路湖へ向かう途中の硫黄山

硫黄山2.jpg

硫黄山3.jpg

温泉卵を買いました

硫黄山1.jpg

摩周湖からの下り道から見る屈斜路湖

屈斜路湖3.jpg

屈斜路湖の砂湯ではどこを掘っても足元から温泉が、自分専用の湯舟ができる。

屈斜路湖2.jpg

湖際の露天風呂、湖で泳いだ後は気持ちよさそうですなあ

屈斜路湖1.jpg

今日の泊り場「道の駅美幌峠」屈斜路湖を眼下に!夕焼けと夜空が美しい。

美幌峠2.jpg

美幌峠1.jpg

走行距離:110q
posted by yosi&ゴン at 08:26| Comment(5) | 日記